May 20, 2019

Rockなヂュエット 5選

002_5

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに
いろんなお題で5曲選んでみます

第8回のお題は
「Rockなヂュエット」
日本では”演歌”ってイメージの男女デュエットですが、Rockなアーチストがデュエット仕掛けるとこんなおしゃれになります

「Happy ending」Joe Jackson
演歌…までは行きませんが、デュエット歌謡曲くらいの雰囲気の1曲
感想のホーンセクションが哀愁をそそります
相方はイレイン・キャズウェルという人
残念ながら他の曲は知らないのですが、素敵なソウルフルでパワフルな歌声
こういう張りのある歌い手は大好きです

「Happy ending」
このアルバムについて書いた記事 「Body & Soul」

 

「Don't Give Up」Peter Gabriel
比較的演歌っぽい仕上がりの曲
ケイト・ブッシュがしっとりと花を添えてます
「もう疲れちゃった」って男と、「大丈夫、頑張って」という女
この二人が組むなら、サイケな曲もやってほしいものですが、これはこれで名曲です
あと、シンニード・オコーナーが相方を務めるライブバージョンもなかなかの出来です

「Don't Give Up」

 

「Woman In Chains」Tears For Fears
サイケな曲からソウルフルな曲まで幅広く才能を見せつけたティアーズ・フォー・フィアーズの名曲
ヒット曲というわけじゃないけど
相方はオリータ・アダムス
この人も残念ながらこの曲しか知らないけど、良い味出してる
MDで自己編集プレイリスト作ってた時代から「DEEP」カテゴリーで外せない曲でもある

「Woman In Chains」
このアルバムについて書いた記事 「The Seeds Of Love」

 

「Walls Come Tumbling Down!」The Style Council
こちらも80年代を代表する、ブリティッシュソウルの名演
The JAMを解散して、180度変わった「おしゃれ代表」スタイル・カウンシル
その2ndアルバムもずっとおしゃれな曲を並べて、最後にガツンとソウルフルにかましてくれる
相方はD・C・リー
プライベートでもパートナーとなった彼女は、この曲のあと準メンバー的な位置になるのかな

「Walls Come Tumbling Down!」
このアルバムについて書いた記事 「Our Favourite Shop」

 

「I've Seen It All」Bjork
最後はちょっと趣を変えて、女性シンガーがメイン
ビョークは結構好き嫌いがあると思うが、間違いなく才能あふれるアーチスト
エレクトロなポスト・ロックなものが多いけど、この曲はとっつきやすい
というのも、この曲は彼女が主演した映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の一曲
映画では「Selma Song」というタイトルで、映画での共演男優が相方を務めているが、アルバムではトム・ヨーク(Radiohead)が務めている
そのけだるく、不安定な弱弱しさが相性抜群
異色のコラボであり、名演

「I've Seen It All」

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

 

 

 

 

| | Comments (0)

May 13, 2019

グルーブの効いたベース曲 5選

002_4

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム


ちょっと思いつくままに(笑)
いろんなお題で5曲選んでみます


第7回のお題は
「グルーブの効いたベース曲」

単純なベースは、ひたすらベース音(キーに対する1度の音)をくりかえしたり、和音の1・3・5度(ドミソミ・ドミソミ)を繰り返す
もちろん、他の楽器の絡みで、重要な役割を果たすので大事
それを、ちょっとメロディックに仕上げると「ランニング・ベース」となっておしゃれになる
BEATLESのポール・マッカートニーなんかは、天性のメロディセンスで、ちょっとした曲でもメロディックなベースラインを披露してくれる
彼だけで5曲選ぶのも良いけれど、今回は「グルーブがかっこいい」と思った曲を
グルーブって言葉もいろいろ意味があるけど、ここは「ノリ」という意味で

「Carouselambra」Led Zeppelin
ブルースが軸のベーシスト、ジョン・ポール・ジョーンズだけど、ZEP後期はキーボードも引き受けながら単純じゃないベースラインを披露してくれる
この曲は有名ではない…というか、このアルバムを作成してからドラムのジョン・ボーナムが死亡したために、ライブで披露されることがなかったラストアルバムの曲
しかも、シンセを大々的に取り入れてZEPらしくないとファンに敬遠されてたし
でも、ベーシストとしてはコピーしたくいなるフレーズの名曲

「Carouselambra」
このアルバムについて書いた記事「In Through the Out Door」

「Tempus Fugit」YES
プログレ界に名ベース・プレーヤーは多かれど、クリス・スクワイヤはピカ一
で、名演奏は数あれど、これまた不遇なアルバムからの一曲を
というのも、ジョンという看板ボーカリストが脱退し(のちに復活)トレヴァー・ホーンがヴォーカルを取ったアルバムの曲
なので、ジョンが復活してからのライブでは採用されず…
しかし、クリスはお気に入りのようで、ベースソロの時はこのフレーズを盛り込んでました

「Tempus Fugit」
このアルバムについて書いた記事「Drama」
YESの歴史について書いた記事

「Forever」THE CHARLATANS
ちょっとシンプルなロックながらおしゃれなグルーブの曲を
ベースラインとしては単調な部類ながら、そのうねりや時々取り入れる”おかず”でファンキーなグルーブを作り上げている

「Forever」
このアルバムについて書いた記事「Us And Us Only」


「Sons of Pioneers」JAPAN
ちょっと変わったところで、ベースをブイブイ言わせるとしたらこの人を忘れられないミック・カーン
フレットレスベースを操り、独特のグルーブを作り上げている
神秘的なボーカルに絡みつくこのベースは逸品




「Diamonds And Pearls」 Prince & The New Power Generation
ファンキーなベースは以前紹介したスラップ系が多いけど、基本ファンキーなプリンスの曲の中で、この曲はボーカルとシンクロしたベースのグルーブが心地よい
曲構成もプログレのようにドラマチックな展開で大好物

 

「Diamonds And Pearls」

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

| | Comments (0)

May 06, 2019

泣けてくる曲 5選

002_3

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム


ちょっと思いつくままに(笑)
いろんなお題で5曲選んでみます


第6回のお題は
「泣けてくる曲」
雰囲気だったり歌詞だったり、ほろっと来るような名曲を

「Bitter Sweet Symphony」The Verve
人生は苦悩と幸せのシンフォニーだと思わないかい?
変わらないビターな現実
だから(精神的に)逃避してスィートな世界に行こう
淡々と繰り返される歌と物悲しいストリングス…泣けてくる

「Bitter Sweet Symphony」

このアルバムについて書いた記事「Urban Hymns」

 

「Walk on the Wild Side」Lou Reed
ワイルドな道を歩いてみないかい?
マイノリティや迫害されている者たちへ
それでもワイルドな道を選ぼうぜって…
渋いベースプレーに乗せて
淡々と歌い続ける…泣けてくる

「Walk on the Wild Side」

 

「Road to Nowhere」Talking Heads
どこでもない場所へ行こう
”今 ここ”がつらい
だから、とにかく出発しようぜって…
明るく振る舞うけど滲み出してくる哀愁…泣けてくる

「Road to Nowhere」

「Fast car」Tracy Chapman
どこかの街へ連れてって
抜け出したい現状
抜け出せない現状
渋いギター、ソウルフルな歌声…泣けてくる

「Fast car」

「Sweetheart Like You」Bob Dylan
君のような素敵な人がこんなところで何をしているんだい
Bob Dylanの歌詞をストレートに理解することは難しい
でもこの曲は、ブルージーなギター(マーク・ノップラー)に載せて優しく語りかける
自分の居場所を自虐的に受け止め、君はここで収まる女性じゃないと
否定に裏側にある肯定…泣けてくる

「Sweetheart Like You」

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

 

| | Comments (0)

April 29, 2019

ベースがカッコよい隠れた名曲 5選

002_2

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに(笑)
いろんなお題で5曲選んでみます

第5回のお題は
「ベースがカッコよい隠れた名曲」
ちょっと派手目のスラップ(わたしらの青春時代はチョッパーと呼んでた)系のフレーズを軸に紹介

「Silly Love Songs」Paul McCartney
メロディメーカーであるポールはベースラインがかっこいい曲がいっぱいある
元はWings時代に作ったこの曲もベースラインが素晴らしい
その曲を、のちに映画「ブロード・ストリート」でセルフカバーしたバージョンがこれ
ベースはスタンリー・クラークが担当し、ポールでは出せない味をさらに加えてる
ちなみにギターにスティーブ・ルカサー、ドラムにジェフ・ポーカロとTOTO組がフォローしてるのもツボ

「Silly Love Songs」

 

「4 Ever 2 Gether」ABC
きらびやかなイメージのヒット曲を連発してたABC
アルバムではこんなダークな世界観も
ベースが良いグルーブしてます

「4 Ever 2 Gether」

このアルバムについて書いた記事「Lexicon Of Love」


「Frayo」Kajagoogoo
ボーカルのリマールがアイドル的人気で売れたが、音的にはベースのニック・ベグスが軸で、目立とう精神が旺盛
(実際リマール脱退後のバンドは彼がメイン)
ただのアイドルROCKではないところ見せてます

「Frayo」

 

「You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)」Joe Jackson
アルバムジャケットはJAZZっぽい(というかソニー・ロリンズのオマージュ)だけど、なかなかにRockなアーチスト
この曲のベース・グルーブは大好物で、ベーシスト時代しっかりコピーさせていただきました
ベースソロにギターが加わり、ピアノやホーンセクションが絡んでくるあたりは鳥肌モノです

「You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)」

このアルバムについて書いた記事「Body & Soul」


「Dark Necess」Red Hot Chili Peppers
お洒落なUK系に比べ、USAのスラップは黒っぽいファンクか、暴力的なイメージ
このバンドの人らもやたらと脱ぎたがるイメージあるし(笑)
でも、音楽は素晴らしい
フリーは指弾きでもファンキー感抜群だけど、スラップやらせたらチョーかっこいい
古い曲でも良いの一杯あるけど、スラップが目立ってる新しいやつから

「Dark Necess」

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

| | Comments (0)

April 22, 2019

ドラムだって目立っちゃうROCK 5選

002_1

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに(笑)
いろんなお題で5曲選んでみます

第4回のお題は
「ドラムだって目立っちゃうROCK」
ヘヴィなやつや手数が多いやつはまた別の機会にして、印象的に使われてるものを中心に

「Golden Slumbers / Carry That Weight / The End」The Beatles
Beatlesの歴史最後を飾るのはアビーロードのB面メドレー
そのラストの「The End」で初めてリンゴのドラムソロがフューチャーされる
今まで抑えてたけど、しっかり叩けるよ、と
で、そこまで至るメドレーの流れがこれまた秀逸なのでそこも含んで

「Golden Slumbers / Carry That Weight / The End」

このアルバムについて書いた記事 「Abbey Road」

 

「Some Like It Hot」Power Station
人気絶頂のDuran Duranからギターとベースが参加し、ボーカルにロバート・パーマーを迎えたユニット
当時、ヒット連発してたプロデューサー、ナイル・ロジャースが、自身のバンド「シック」のドラマートニー・トンプソンを起用する
流行りのゲートエコーを効かせたドラムが肝

「Some Like It Hot」

 


「Second Home By The Sea」Genesis
ジェネシスではボーカリストとして、またソロシンガーとしてもヒット曲連発のフィル・コリンズ
しかし、根はドラマー
この曲では喜々としてドラムを叩きまくってる

 

「Second Home By The Sea」

 

「Goodbye Elenore」Toto
いわゆるヒット曲なんで、ギターやキーボードが目立つけど、TOTOのジェフ・ポーカロはすごいドラマー
こういうアップテンポの曲でも、ただ手数を出してるだけじゃなく、いろいろ技を駆使してる

 

「Goodbye Elenore」

 


「Starless」King Crimson
ちょっとマニアックなところから、ビル・ブラッフォードを
序盤は静かに、しかし中盤ギターとベースがフレーズを繰り返す処でドラムの表現を変えて盛り上げていく
そして終盤の緊張感あるプレイ
インスト系プログレの(序盤に歌はあるけど)見本のような曲構成
それを支えるのはビルのドラムプレイ

 

「Starless」

 

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

| | Comments (0)

April 15, 2019

ギターが啼いているROCK 5選


長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに
いろんなお題で5曲選んでみます

第3回のお題は
「ギターが啼いているROCK」


「While My Guitar Gently Weeps」The Beatles

Beatles時代のジョージの名曲
タイトルも「ギターが啼いている」そのまま
ジョージの甘いボーカルも、ポールの渋いベースラインも良いけど、ゲストでギターを弾いてるエリック・クラプトンの啼きのギターは絶品
このあと、ジョージの奥さんにクラプトンが横恋慕するという四方山話も込で(笑)

 

「While My Guitar Gently Weeps」

このアルバムについて書いた記事White Album」


「Parisienne Walkways」Gary Moore
啼きのギターと言えばブルースになるが、この人も啼きまくり
その中でもこの曲は全編で啼いてる
邦題は「パリの散歩道」

 

「Parisienne Walkways」


「Brothers In Arms」Dire Straits
マーク・ノップラーも啼きの名手
弦はピックではなく指弾きで、それがまた哀愁を醸し出している
もう一つ紹介したい曲もあるけど、そちらは別のテーマに取っておいて、マイナーだけど啼きが堪能できる静かなこの曲を

「Brothers In Arms」

このアルバムについて書いた記事 「Brothers in Arms」


「Shine On You Crazy Diamond」Pink Floyd
プログレバンドだけど、ギターのデイビッド・ギルモアはブルースを軸にしたフレーズが特徴
ちょっと長いけど、啼きが満喫できるこの曲を
ついでに、プログレ敬遠してた人もこの曲で興味を持っていただければうれしい

<

 

「Shine On You Crazy Diamond」

このアルバムについて書いた記事 「Wish You Were Here」


「Purple Rain」Prince
コラム第1回では歌の方で取り上げたけど、この人のギターも啼きまくり
で、ヒット曲のこれを
同名タイトルの映画を作り、その最後の方のシーンをそのままビデオクリップにしてる

 

「Purple Rain」

 

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

| | Comments (0)

April 08, 2019

ピアノが印象的に使われているROCK 5選

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

いろんなお題で5曲選んでみます

第2回のお題は
「ピアノが印象的に使われているROCK」
バラードやメロディックに使われてるのじゃなく、ROCKって感じのピアノで
ピアニストがメインのバンドやソロも次に機会にして


「1985」Paul McCartney & Wings
名盤「バンド・オン・ザ・ラン」のラストを飾る曲
印象的なピアノフレーズが繰り返され、そこに様々な楽器やボーカル、果てはオーケストラまで加わっていく
しかし、このピアノフレーズが常に支えているという



「1985」
このアルバムについて書いた記事 「Band On The Run」

 

「Child of Vision」Super Trump
元々プログレ系のバンドなんでキーボードは軸だし、この曲が入ったアルバム「ブレックファスト・イン・アメリカ」はほかの曲もピアノがいい味だしてるけど、緊張感抜群のこの曲を

「Child of Vision」
このアルバムについて書いた記事  「Breakfast In America」

 

「I Don't Like Mondays」The Boomtown Rats
大ヒット曲なんで古くからのRockファンはご存知かと
ほんとうはこんなきれいなサウンドじゃなく、荒々しいRockが売りバンドのなんだけどね
このボーカル、ボブ・ゲルドフがチャリティーを始めたことから「BAND AID」tが立ち上がり、それが「LIVE AID」になった…のが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットへとつながっているという四方山話も

「I Don't Like Mondays」

このアルバムについて書いた記事  「The Boomtown Rats」

 

「(I Know) I'm Losing You」Rod Stewart
主役はボーカルだし、ドラムは重いし、ベースもうなるし、ギターはブルージーでハードだし…でもピアノが印象的に響いてくる


「(I Know) I'm Losing You」

このアルバムについて書いた記事 「Every Picture Tells A Story」

「She's A Rainbow」The Rolling Stones
TVコマーシャルで聴いたことのある方も多いかな
最近もなんかのCMで使ってるけど、昔iMACで使われたのが印象的
音だけだときれいなんで、ストーンズらしくないっちゃあないけど、映像も合わせてサイケな曲とすればこれほどストーンズらしい曲もないっていう不思議な魅力の曲


「She's A Rainbow」

 

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

| | Comments (0)

April 01, 2019

絶叫が印象的なROCK 5選

001 

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに(笑)
いろんなお題で5曲選んでみます

リンクをクリックすれば聞けます

第1回のお題は
「絶叫が印象的なROCK」
(ハードロック系は除く)


「Mother」John Lennon
まずはいきなりの絶叫で心つかまれる名曲
説明不要、まさに心の叫び

Mother
このアルバムについて書いた記事「ジョンの魂」


「All I Want to Do Is Rock」Travis
抒情的な曲が持ち味のTRAVISが骨太だったころの曲
のちのヒット曲のイメージとは程遠く、CD買って聞いてぶっ飛んだ

All I Want to Do Is Rock

このアルバムについて書いた記事 「Good Feeling」


「5years」David Bowie
コンセプトアルバムの幕開けを飾る1曲
名曲ぞろいの「ジギー」(正式名称は長いから省略)では陰に隠れるが、このオープニングのシャウトがこのアルバムの緊張感を作り出している
この曲が気に入ったらぜひアルバム全曲通して聞いてほしい

5years

このアルバムについて書いた記事 「The Rise & Fall Of Ziggy Stardust & The Spiders From Mars」

 

「One Of Us」Prince
レクイエム(鎮魂歌)であり、ソウル(魂)であり、Rock
魂からの叫び
ギターの啼き具合も最高

One Of Us

 

「viva la vida」Coldplay
ちょっと趣は違うが…
後半のコーラスが「歓喜の叫び」になっている
その圧巻はライブパフォーマンスで、観客はチャントのようにこのコーラスに参加する
高揚しないはずがない

viva la vida

このアルバムについて書いた記事 「Viva La Vida or Death And All His Friends」


こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

 

 

 

| | Comments (0)