August 26, 2015

WD Cloud モニターレポート6

ここまでいいところを中心にレポートしてきたが、いくつか物足りないところもあるのでそこもしっかりとレポート

1)家族のiPhoneと連携する際、gmail経由だとうまくいくが、キャリアメールだとうまくいかない。
  ただし、これはiPhoneの設定との兼ね合いがあるかもしれないので今後チェック。
  (ヘルプなどに、iPhoinの場合の注意書きや、情報があれば助かる)

2)音楽プレーヤーの使い勝手が少し悪い。
  思い返すと、一昔前のMP3プレーヤーもこの程度だったかもしれないが、PCやスマホでいろいろ使い勝手の良いアプリを利用していると、かなりもの足りない。
  クラウド対応のプレーヤーアプリなどを探してみるが、WD Cloudに対応できるかはまだわからない。
  特に困るのは、オムニバスなどで複数のアーチストが混在してるようなものを連携すると、アーチスト表示でその全員が候補に上がり、リストが多くなりすぎる。
  あと、タグエディットなどで情報を変更したものなどが反映されない。
  たとえば、トラックナンバーで管理しているのに、WD Cloudのプレーヤーはファイル名順にソートしてしまう。
  なので、これから少しずつ、ファイル名にトラックナンバーを入れなおすという作業が必要だ。

3)あとは、アルバムのアートワークが表示されるものやされないものがあるので、その違いはどこにあるのか

4)そして、アルバムの中に数曲同期されていないものがある状態を、どのように対策すればよいのか。
  (強制的再同期ができるのかどうか)

このあたりを、使いながらいろいろ試してみなくちゃね。

Img_1083


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2015

WD Cloud モニターレポート5

今日はちょっと実験

今まではPC内にあったデータでの連携だったので、今後の使用に基づいての作業

CDラックからまだiTunesに取り込んでいなかったCDを用意
懐かしいものを発見

Pco

で、こいつをiTunesに取り込み、同期させているWD Cloudでどのくらい後で反映されるのか。
スマホをストップウォッチにし、PCで記録をとる準備をしながら。

CDを挿入
iTunesで取り込みを始める。
3曲目くらいで、タブレットのWD Cloudアプリを立ち上げ様子を見る。
同期させているフォルダを開き、フォルダ名「Penguin Cafe Orchestra」を探すと…なんと、もうすでにこのCDのフォルダができていた。
曲数はPCで取り込み中のものと変わらない。
試しに曲をタップするともう再生できる状態になっていた。

これほどリアルタイムで同期できているとは驚きだ。

ただ、1曲抜けていた。

iTunesのほうは取り込めているので、何らかの同期ミスかも。
あと、iTunesでは表示されているアートワークも非表示。
ここはしばらく後に再チェックしてみたい。

Img_1081_2

蛇足ですが、これは名曲なのでぜひご一聴を
「The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter」
The Sound Of Someone You Love Who's Going Away And It Doesn't Matter

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2015

WD Cloud モニターレポート4

20150823_125049

WD Cloudの管理の一つに、ブラウザでの管理がある。
ここでハードの状況や接続ユーザーの管理ができる。

家族でWD Cloudを共有するのもここから簡単にできる。
ユーザーの追加で、名前とメアドを登録すると、そのメアドに招待メールが届く。
そして、アプリをダウンロードして、各々が設定すればOK
20150823_132809

Shareした画像や動画、音楽などが楽しめる。

また、それぞれが自分のフォルダを作ってデータ管理もできる。
パスワードをつければ、他の家族が見れないようにもできる(笑)

これで、メールに添付できないサイズのものも簡単にやり取りできるかな?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2015

WD Cloud モニターレポート3

20150823_125342


前回はアプリ「WD cloud」を使ってファイルのコピーをしたが、今日はまた違ったファイルの使い方。
「WD Sync」というアプリも提供されている。
これはいわゆる「同期」ソフトで、このアプリからPCのフォルダなどを指定すると、PCのHDDにそのデータを残したままWD cloudのディスクにデータがコピーされる。
ここまでなら、普通のコピーと一緒だが、同期ソフトのいいところは、PC側で情報更新すると、自動でWD cloudのデータも更新してくれるところだ。

で、私の場合どう使うかというと、iTuneにCDを取り込んだときに入るデータフォルダ、実際はHDDのドライブひとつを丸ごとそれに充てているので、そのドライブを同期の対象に指定した。

普通のコピーのときは、どの程度コピー済みなのか表示されたが、この同期はそういう表示がない。
なので若干不安だったが、しばらくしてモバイルで覗くと、いくつかの曲が再生できる状態になっており、実際再生できた。
LAN経由で同期のコピーをしているので、時間はかかるが(CDのデータ量も半端じゃないんで)、翌日まで放置しておいたが、ほぼ全曲同期が済んでいた。

これがどういうメリットがあるかというと、いちいちiPadとPCをケーブルでつながずとも、いつでもCDライブラリの曲にアクセスできる。
同期なんで、新しいCDを取り込んでも、PC側、WD cloud側双方に取り込める。

で、実際活用しているのが、車運転時、iPadをカーオーディオに連結し、WD CloudアプリでCDを選んで再生することができる。
今まではiTuneで取り込んだ曲しか聞けなかったのが(めんどくさがりやの私は同じ曲ばかり聴いていた)気分しだいでどんな音楽でも(持っているものに限られるが)チョイスできる。、

また、電車やバスの移動時、同じように自由にストリーミンでコレクションを楽しめる。

モバイルの容量の壁が、一気に取り払われた。

画像はCDという名前のドライブをまるまる同期に設定した状態

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2015

WD Cloud モニターレポート2

20150823_124736_2


まずは連携のテスト。
iPad と スマホ に「WD Cloud」のアプリを入れる。
PCでのセッティング中にQRコードでアプリ入手のリンクが表示されてたけど、そのリンクは使えなかった。
でもApp StoreやPlayストアで検索したら簡単に見つかる。
もちろん無料

メアドやパスワードを入力してそれでOK。
いろいろ細かい設定もあるけど、とりあえず連携テストなんで後回し。

iPadのほうは、そっちからWD Cloudのほうに専用フォルダを作成し、写真とビデオの「自動バックアップ」を選択する。

データの管理はPCにインストールしたアプリで。
開くとエクスプローラーライクな画面が。
そこにしっかりと今作成したフォルダがあり、クリックするとすでにiPad内の写真とビデオが保

存されていた。
これで、万一iPadを紛失しても、写真や動画はなくさずにすむ。

今度はPCのほうから「Public」のフォルダにデータを移して、端末から閲覧するテスト。
Publicの中には最初から「Shared Music」「Shared Pictures」「Shared Videos」のフォルダがある。
そこにドラッグ&ドロップで子どもらの写真が入ったフォルダをコピー。
欲張って大量のデータが入ったフォルダを選んだんで転送にちょっと時間がかかる。
それでも1.6G

ipadのWD Cloudアプリを起動
フォルダを選択すると、そこにコピーした写真のリストが。
あとはタップして写真を見るだけ。
これまで、子どもの誕生日にPCのフォルダを丸々iPadに取り込んで楽しんでたが、この手間がなくなった。
スマホでも同様なので、とても簡単に、いつでもどこでも欲しいデータにアクセス可能だ。

次回は音楽の連携を

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2015

WD Cloud モニターレポート1

いやぁ、このブログも長く放置してました。
SNS中心の生活になると、ゆっくり時間を更新にかけられない。
で、久々に更新したくなったのはフェイスブックでモニター募集に応募したものが当選したから。
モニター特派員って事なので、しっかり記録を残しておこうかと。
物欲ネタであり、音楽ネタにも通じるのでね。

モニターするのはcloudのHDD。
アイオーデータの「WD Cloud」
001_4


まずはセッティング。

Cloudってのはようするに自分の端末以外にデータを保管しておいて、必要なときにアクセスして呼び出す機能。
この商品は、その保管場所を自宅に置いといて、いろんな端末からアクセスしましょうって事。

iCloud とか Dropbox とかいうサービスはその保管場所が業者にあって、ネットでやり取りできる。
ただ容量に制限があり、いっぱい使うには有償のプランが必要。
それに、業者の都合で「サービスやめます」とか、「無料プランはやめるんで使い続けるならお金払って」とか言われる事もある。
そのことは悪いとは思ってない、あくまでサービスだしね。

で、この「WD Cloud」ってのはどっかのサーバー借りてのクラウドじゃないんで、データは手元で安心。
急にサービス終了って事もない。

002_2


箱には本体とACアダプタとLANケーブル
設定マニュアルはイラスト3点だけのぺら1枚

003

が、実際の接続は、イラストの通り電源とLANを接続するだけ。
あとは、記載のURLにつなぐと、LAN上で自動認識し、Web上で設定登録するだけ。

004

が、実際の運用にはPC、タブレットなどそれぞれでアプリをダウンロードする必要あり。
とりあえず、PC上の画像なんかをクラウドにアップするのは簡単。
iPadをリンクさせると、iPad内の画像や映像データーは自動で取り込む。
iPadからクラウドの画像も簡単に見れた。
容量は2TB
今後、子どもらの映像なんかをどれくらいアップできるか、そしてモバイルで閲覧できるかをチマチマとお試しかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2010

物欲レポート  ヨドバシカメラ京都OPEN

数年前、京都駅北の「近鉄プラッツ」が閉店し、跡地にヨドバシカメラが進出することを聞いていた。
それ以降、緊急性がない家電に関しては、このオープンセールで購入しようと待ち構えていた。
そして今日いよいよオープン。

チラシは木曜の新聞に折り込まれていた。
他店ならオープン記念で日替わり数量限定なんて文字が躍るけど、今回は「開店記念箱」として、いわゆる福袋方式の目玉だけ。
「家電:10000円」「ノートパソコン:50000円」「ブルーレイレコーダー:30000円」「デジカメ:10000円」の4種類。

昨年ごろからデジカメのバッテリーが持たず、2時間も撮影してたら怪しくなるので、このセールで安ければ買おうかなと思ってた。
あと、冷蔵庫の調子が悪いんで安ければ…と思ってたけど、さすがに1万円の福袋には入ってないだろうし・・・(入ってたらそれを割り当てられたヒトも困るだろう)
そして、地デジ化に伴い、テレビは前のが故障した2年前に購入済みだが、レコーダーのほうはまだアナログチューナーしかついてないやつをそのまま使用してた。

ということで、ブルーレイレコーダーとデジカメを目当てに。
開店は9時半だけど、当然長蛇の列が予想され、ここ数日の体力的なことも考慮して、無理せずに9時前に家をでた。
と言っても、自転車で10分ほどの距離。
(自転車10分の距離に、ビックカメラ・ジョーシン・ソフマップそしてこのヨドバシとあるのだから便利だ)

駐輪場は無料で、そんなに込んでなかったが、すでに並んでいた列は駐輪場から逆の方向。
駐輪場から列の最後尾まで歩いて5分てところか(探しながらだったんでね)
並んでしばらくして整理券が配られ、私の番号は1441番。
思ったより早い番号だった。

30分ほど並んで居ると開店のアナウンス。
長い列を前に進めるのではなく、ブロックごとに店内に入れていくので、1400人分歩くことなく、その場で待ってるだけで入店を案内された。
開店から15分ほど。

二つの獲物を迷った末に、カメラは駄目なら安いのを探そうと思い、ブルーレイのある2階へ。
ここもすでに長蛇の列(入店の3割がこれ目当てだとして、400人は居るってことだもんね)
まぁ、列は覚悟の上。
40分ほど並んでゲット。
この10分前には在庫数を越える列になったと言うことで、整理券の配布が終了済み。
ただ、館内アナウンスはまだこのブルーレイが予定数終了したってだけで、他のアイテムのアナウンスは入ってない。
1階のカメラ売り場に移動して、列を探すと、まだ最後尾で整理券を配ってた。
ということで、デジカメの列に並び、20分ほどでゲット。
途中列に並んでる若者が電話で話してて、先に買った友人が箱を開けてネットで価格を調べたところ「最安値10000円の商品だ」とか。
ちょっと不安になったけど、ネットの最安値は店頭ではなかなか出せない価格だし、送料がかかることや、ここで買うとポイント分だけでも安くなると考えてそのまま並んだ。

その後、携帯の売り場やパソコンコーナーもちょっとのぞいてから帰宅。

はてさて、福袋のお得度は…


Sn3d0569

これがパッケージ。
自転車にこれを乗せて帰ってくるのはちょっと恥ずかしかった。
でも、途中で同じ箱を持って歩いてる人を見かけると、「同志よ・・・」と、ともに長蛇の列を経験した仲間と思って親近感が沸いたりして。


Sn3d0570

Sn3d0571

まずはブルーレイの箱の中身。
PanasonicのDIGA DMR-BR580 (価格.com で最安値52499円)
TDKのメディア3枚組 (価格.com で最安値740円)
ソフト商品券 500円×3枚
しめて 54739円相当。


次にデジカメの箱
Sn3d0572

Nikon COOLPIX S4000  (価格.com で最安値11000円)
Sindiskの SDHCカード8G (価格.com で最安値2954円)
あとおもちゃみたいな付属品(価格…どうでもいいや)
ってことで、13954円相当。


型遅れでももうちょっと上のクラスを期待したけど…まあ、他の人が当たった最安値10000円のデジカメよりはましだったかも。


まぁ、どーしても損得で動いちゃうんだけど、この程度の時間と労力で、どっちみち入用だったものをこの価格で買えたんならお得感もあるかな。


さて、週末にでもじっくりセットして楽しんで見ましょうか。



gooリサーチモニターに登録!

| | Comments (2) | TrackBack (0)