November 25, 2019

STARWARS カウントダウン その4 エピソード3

03

大局
・銀河共和国(ジェダイ評議会)→銀河帝国(ダース・シディアスの支配)
クローン軍

・分離主義者・独立星系連合軍(ダース・シディアスの傀儡)壊滅(シスの裏切り)ドロイド軍機能停止
・ジェダイ評議会 壊滅 (アナキンの暗黒堕ち)


舞台

・コルサント (共和国首都星 → 銀河帝国)
 (パルパディーン奪回作戦、メイスvsシディアス、ジェダイ聖堂襲撃、ヨーダvsシディアス)

・ウータパウ (グリーヴァスの秘密基地、オビ=ワンvsグリーヴァス)
・キャッシーク (ウーキー族の星、ヨーダとチューバッカの出会い)

・ムスタファー (分離主義軍拠点、アナキンvsオビ=ワン)

 

ジェダイ
〇オビ=ワン・ケノービ
〇アナキン・スカイウォーカー × ← オビ=ワン・ケノービ
〇ヨーダ
〇メイス・ウィンドウ × ← ダース・シディアス

シス
〇ダース・シディアス
〇ドゥークー伯爵 × ← アナキン・スカイウォーカー
〇ダース・ベイダー

ドロイド
〇グリーバス将軍 × ← オビ=ワン・ケノービ

ライトセーバー
緑 ヨーダ
青 オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー
紫 メイス・ウィンドウ
赤 ドゥークー伯爵、ダース・シディアス

オビ=ワン・ケノービVSアナキン・スカイウォーカーの師弟対決(第1ラウンド)
青いライトセーバー同士の剣劇(異例)
オビ=ワン薄氷の勝利…がとどめを刺さず(師弟愛?)アナキンはかろうじて生存
ダース・シディアスに助けられ、生命維持装置が手放せない姿、イコールおなじみのダース・ベイダーの姿へ

ジェダイは敗走、銀河帝国設立のバッドエンド
ただ、エピソード4につながる「新たな希望」の芽生えで終わる
アミダラの二人の子は隠して育てられる(アナキンにはアミダラは出産前に死んだと伝えられる)
ルークはタトゥイーンでオーウェン夫妻(アナキンの異父兄弟)に引き取られ、オビ=ワンが成長を見守ることに
レイアはオルデランでオガーナ議員(アミダラと反戦思想で共闘していた)に引き取られる
ヨーダは隠遁生活へ

| | Comments (0)

November 23, 2019

STARWARS カウントダウン その3 クローンウォーズ

 

020

クローン・ウォーズ

スピンオフ作品
エピソード2と3をつなぐ時間軸で、本編のキャラもそのまま登場
但し、3Dアニメ

大局
・銀河共和国(ジェダイ評議会)クローン軍
・分離主義者(ダース・シディアスの傀儡)ドロイド軍

※ドロイド軍が軍勢を強め周辺聖域と中央を切り離そうとする時代
 そのために周面星域の航路に影響力を持つジャバ・ザ・ハット息子を、ドゥークー

伯爵が誘拐し、それをアナキンたちが救出する作戦を描いた

舞台

・クリストフシス(アナキンとアソーカの出会い)
・テス (ハット救出作戦)

ジェダイ
〇オビ=ワン・ケノービ(マスター)
〇アナキン・スカイウォーカー(パダワン)
〇アソーカ・タノ

シス
〇ドゥークー伯爵
〇アサージ・ヴェントレス


ライトセーバー
青 オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー
緑 アソーカ・タノ
赤 アサージ・ヴェントレス(二刀流)

アナキンが弟子を持つまで成長した姿を描く

| | Comments (0)

November 20, 2019

STARWARS カウントダウン その2 エピソード2

02

大局
・銀河共和国(ジェダイ評議会)
・分離主義者(ダース・シディアスの傀儡)(前通商連合と共和国内の革新勢力が連帯、ドロイド軍)

※最高議長パルパティーンが分離主義者打倒を元に「銀河共和国軍」(クローン軍)を創設
ドロイド軍との戦争激化

舞台

・コルサント (共和国首都星)
・ナブー (アミダラの故郷、アナキンと二人で一時避難し愛を深める)
・カミーノ (クローン育成地、オビ=ワンとジャンゴの決闘)

・タトゥイーン (アナキンの故郷、母救出のため立ち寄る)

・ジオノーシス (分離主義軍拠点、オビ=ワン銃出のためアナキン・アミダラが合流、ジェダイ集結、クローン戦争開戦)

ジェダイ
〇オビ=ワン・ケノービ(マスター)
〇アナキン・スカイウォーカー(パダワン)
〇ヨーダ
〇メイス・ウィンドウ

シス
〇ダース・シディアス

元ジェダイ(シス?)
〇ドゥークー伯爵(元ヨーダのパダワン)

ライトセーバー
緑 ヨーダ
青 オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー
赤 ドゥークー伯爵

アナキンとアミダラの恋
アナキンのジェダイへの不信
クローン軍創設(ジェダイのサイフォ・ディアスが発注するが、ドゥークー伯爵に乗っ取られる)

ヨーダとドゥークー師弟対決(引き分け)

| | Comments (0)

November 18, 2019

STARWARS カウントダウン その1 エピソード1

いよいよスターウォーズサーガが終焉を迎える
若い頃にリアルタイムで第1作をスクリーンで観たものとして、その最後に立ち会えるのはうれしいことだ
そこで、公開前にDVDなどを観ておさらいしておこう

で、その流れを覚書として記録しておく

01

大局
・銀河共和国(ジェダイ評議会)
・通商連合(ダース・シディアスの傀儡)(ドロイド軍)

※銀河共和国議会の最高議長交代によりパルパティーンが権力を握る

舞台
・ナブー(アミダラの故郷、通商連合により封鎖される)
・タトゥイーン(アナキンの故郷、ナブー宇宙船修理のため立ち寄る)
・コルサント (共和国首都星)

ジェダイ
〇クワイ=ガン・ジン(マスター) ×←ダース・モール
〇オビ=ワン・ケノービ(パダワン)
〇ヨーダ
〇メイス・ウィンドウ

シス
〇ダース・シディアス
〇ダース・モール ×←オビ=ワン・ケノービ

ライトセーバー
緑 クワイ=ガン・ジン
青 オビ=ワン・ケノービ
赤 ダース・モール(ダブルブレード)

アナキンとアミダラの出会い
アナキンとオビ=ワンの出会い

| | Comments (0)

October 28, 2019

映画 「Tommy」

003_20191026201701

近所の映画館「みなみ会館」がこの夏に移転リニューアルオープンした
いわゆる「マニアックな映画館」で、古い作品や単館上映の作品などを取りあつかってる
そのオープニング時に「上映予定」とされている中に「さらば青春の光」と「Tommy」があった
ともにThe Whoのアルバムを基にした映画だ

で、やっと今週上映されたので早速観に行った
昨晩、家にDVDがある「さらば青春の光」を観て(昔レビューしてます)待望のTommyだ

この映画とは、映画雑誌の情報とFMの映画音楽特集を楽しみにしてた小学生時代に知ったと思う
まだ The Who をそれほど知らなかった時代、映画音楽としてこの映画のテーマがお気に入りだった

後にレコードショップでThe Whoの「トミー」を買って、その曲が入っていなかったことに嘆いたものだ
というのも、私が買ったLPの「トミー」がロックオペラのコンセプトアルバムとして60年代に発表され、それを元にミュージカル映画として作られたのがこの作品
映画の方のサントラ盤も、様々なニュージシャンが営巣してて名盤だ

ちょっとネタバレ交じりだけど…

この物語は、ある事件で「見たことを忘れろ、誰にも言うな」という精神的なロックをかけられた少年が心を閉ざし、そのことを悔やむ母の葛藤が軸になっている前半
母親役のアン・マーグレットの美しさと歌声は特筆もの

その治療過程で出てくる怪しげな「モンロー教」の教祖にエリック・クラプトン
バックを固めるジョン・エントウィッスルのベースは抜群
その洗礼としてドラッグとアルコールを施すのだが…
過去にドラッグやってたり、のちにアルコール依存で苦しむ彼にとっては何とも皮肉な役(苦笑)
あと、アシッド・クイーンのティナ・ターナーが圧巻
その歌唱力は必見


ピンボールと出会い、心は閉ざしたままヒーローになる中盤
金持ちにはなるけれど、心は閉ざしたままのトミーに心を痛める母

そして、トミーの逃げ場所である”鏡”を割ることで、インナーワールドから解放される
その体験をもとに、「なにかからブレークアウトしたい」人たちから崇拝されるようになる
しかし、その違和感と葛藤、やがて信望者から非難を受け…


最後は、すべてを失うことで、崇拝すべきは「外にある」と気づき叫び歌いつづける
この「外」っていうところが、いかにも「主をあがめる」ように聞こえるのがイギリス作品らしい

「私を見て、私を感じて」
と訴えていたトミーが

「あなたの存在が 私に音楽を聴こえさせ
 あなたの姿が 私に熱を感じさせる
 あなたを追うことで 私は山を登り
 あなたの歩みが 私の心を躍らせる」

と、これらのドラマがかなりサイケに展開していきます
そこがロックファンにはたまらない(苦笑)

大音量の劇場で見て間違いなかった映画です

 

オリジナルアルバムの「Tommy」を紹介して記事はこちらです
The Who - Tommy

| | Comments (0)

April 21, 2019

愛すべき007

003

4月や10月の改変期になると、テレビでいろいろ映画放映されるのが楽しみだった
が、最近は地上波は映画より特番が中心になる
その分、BSで存分に映画を放映してくれるのでそれを楽しみにしてる

ここ十数年、レンタルDVDや配信が普通になり。好きな時に好きな映画を観ることはできる
こちらから求めていくアクティブな観かただ
でも、子ども時代、映画雑誌の月間放映カレンダーとにらめっこして映画との出会いを楽しみにしてたものとしては、決まった時間に放映されるのを受身的に観るのは代えがたい魅力がある

で、本題だが、この4月からのBS特集として、「007 24作品一挙放送」というのが始まった
いやぁ、懐かしく楽しい
さすがにオンタイムでは見れないので、録画して休みの日に観るのだが

それこそ、「ロシアより愛をこめて」とか「ゴールドフィンガー」なんかは小学生時代からテレビで放映されるたびに観てた気がする
「サンダーボール作戦」なんかは、さいとうたかお(ゴルゴ13の作者)の漫画版も持っていた

今回の特集で見直したところ、第1作の「007/ドクター・ノオ」などは私が生まれる前に作られていたり

で、大人になって見直して気づくこともいろいろ
昔バーテンダーしてたから知っていた
「ジェームス・ボンドの好みは、ジンではなくウォッカで、ステアではなくシェークして作るマティーニ」
などは毎作品出てきてたり
バブル時代まで興味がなかった「ドンペリとキャビア」なんてものもしょっちゅう出てきたり、ドンペリや日本酒の温度にこだわったり

いやぁ、大人になってこういう楽しみ方があるとは思わなかった

あと、ボンドカーをはじめとする秘密兵器は男の子心をくすぐる
やっぱ、アストンマーチンはかっこいいしね


放映はあと数作、ショーン・コネリー時代が続くと、ロジャー・ムーア時代に入る
そのあたりは、映画小僧としてリアルタイムで追っかけてたものだからこれも楽しみ

いやぁ、映画ってほんとうに良いものですね

| | Comments (0)

September 13, 2015

映画「スタートレックⅣ 故郷への長い道」 Star Trek IV:The Voyage Home

St4


ちょっと時間ができたのと、お疲れ気味だったので映画でも見て気分転換を…
という日が続いてる感じ。
そんな時に、かなり昔に買いながら封を開けてなかったDVDを発見


「Star Trek IV:The Voyage Home」邦題は「故郷への長い道」
映画版でスタートしたシリーズの4作目。
(過去3作はレビュー済み)
Star Trek: The Motion Picture
Star Trek II:The Wrath of Khan
Star Trek III:The Search for Spock

この作品だけでも楽しめるとは思うが、設定部分に前作までの要素が盛り込まれているので、知ってるほうがより楽しめる。

特に、Mr.スポックが「一度死に、再生された」「Dr.マッコイが一時期、スポックの記憶の受け皿になっていた」というのは重要。

で、この作品、SF活劇の要素は少なく、環境保護への警告色が強い。
要は「捕鯨反対、野蛮な行為はダメよ」ってこと。
この作品が作られた時期は、プログレバンドまでが「クジラに愛を」なんて曲を書いたりしてたし。
まぁ、捕鯨の是非はここでは語らないけど…

後のお楽しみは、23世紀の人間が20世紀後半の世界に現れたらどうなるかってドタバタ劇。
音声入力でコンピューターが反応しなかったり。
(今ならスマホが声に応えてくれるけどね)

細かいところでは、未来の道具が「放射線」の影響で使えなくなったり(怖いぞ放射能!)
開頭手術見て「殺す気か!」と戦慄したり。
貨幣価値の違いとか


映画公開時は、エンタープライズ号は出てこないし(乗ってるのは前作で奪ったクリンゴンの戦艦)環境問題色が強かったりで拍子抜けした記憶があるけど、改めてみると「人間ドラマ」というスタートレックの本来の味が出てて楽しめた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2015

久々に「The Wall」を観た

せっかくブログのアップを再開したので、気まぐれで軽い感じで。

久々に時間が空いた日曜の夕暮れ
ちょっと映画でも見ようとDVDラックを漁る。

前週に息子らが出演したミュージカルで、欧州(革命時代だけど)の裁判シーンがあった。
そこでの群集が被告を責め立てる場面から、この映画を連想してたので久々に見ようかな、と。

Pink Floydのコンセプトアルバム「The Wall」を映像化した作品。
映画のレビューは以前アップしてるので、以下のページ参照で。

「The Wall」

最近、ロジャー・ウォーターズが旧作をリマスターしたりして、雑誌やWebでもよく名前を目にするし、デイブ・ギルモアも新譜出るようだし、フロイド熱が再燃してるか?

で、そのとき居間に居た息子に「裁判シーンがあるし見るか?」と。
映画好きの次男とはいろいろ見に行ったりもするけど、長男と二人で映画ってあんまりなかったなぁ。

息子のミュージカルが、革命時代のイギリスとフランスを描いていた事もあるので、序盤のノルマンディ描写でドーバー海峡に食いついたり。
本編でアニメーションを多用してるので、美術部の息子はそこに食いついたり。

自分自身を振り返ったら、中坊のころはプログレにはまってたから、中3の息子でも難しくは無いかな?
一応最後まで一緒に見てくれた。

音楽的には「Another Brick In The Wall partⅡ」が一番良かったようだ。
やっぱり判りやすいのがいいんね。
アルバム発売当時も、この曲だけ取り上げられてたもんね。
プログレ=トータルコンセプト と頑ななプログレオヤジとしては、ポイントはいっぱいあるけどねぇ。

次は、むりやりヘッドフォンの大音量で「狂気」でも聞かせてやろうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2011

映画「スタートレックⅢ ミスタースポックを探せ」 Star TrekⅢ The Search For Spock

Startrek3
さて三連荘の最後を飾るのは、Star Trek第3作の「ミスタースポックを探せ」

今作ではスポック役のレーナード・ニモイが初メガホンをとっている。
そういう意味でも客観的にスポックというキャラクターを観ていたかもしれない。
スポック不在(正確には居るには居るのだが)のなかでの各キャラクターのドラマを撮っていたのだろう。

ストーリーに触れると前作のストーリーに触れるから、ネタばれを避けたい方は作品を観るまでこの後は読まないように。
というくらい、今作は前作の続き感が強い。
1作目を観ないでも2作目は楽しめるが、2作目を観ないで今作は楽しめない。
もっとも、世界中のトレッキーが観るだけで十分興行収入を上げられるから、ご新規のファンなど考えていないのだろう。


肉体と精神が分離した状態で存在するスポック。
その死に悲嘆するカークが、いつもどおりのエゴを発揮して、周りの迷惑や規律を顧みず、エンタープライズを強奪してスポックのために奔走する…
一応、その原動力は”友情”なのだが。

今回の適役は、宿敵クリンゴン。
後のスタートレックシリーズでは同じ惑星連合の仲間になっているが、この頃はしっかり敵国だ。
1作目の最初に、やられキャラとして登場するが、今回はしっかりストーリーの中心に存在し、テレビ時代からのトレッキーを喜ばせてくれる。

前作でキーワードとなったジェネシスをめぐり、その存在がスポックの肉体を再生し、カークの息子(ジェネシスの研究者)をクリンゴンの標的にし、人類が生命を扱う危うさを訴える。

前作でスポックを亡くしたカークが、彼を取り返す見返りに家族と、その肉体の一部でもあるエンタープライズを失っていく。

しかし、エンタープライズはあくまで器であって、スタートレックの物語はその主要クルーが集うことで成り立つかのように、最後はクルーの笑顔で物語りは締めくくられる。
そう、これは人間ドラマだからこれでいいのだ。
テレビ時代のクルーがそろえば、その他の登場人物は失われていっても問題ないのだ。
(これは半分皮肉ですよ)

しかし、クリンゴン艦長を演じたクリストファー・ロイドの存在感はすごい。
あれだけの宇宙人メイクなのに、その表情や台詞口調で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役が思い返されるのだから。

もうひとつ楽しみなのがエンタープライズとクリンゴン戦艦の戦闘シーン。
「バード・オブ・プレイ」という艦名はテレビではロミュランというもう1つの敵対勢力のものだったと記憶してたけど…そのステルス能力とクリンゴンの好戦的な思想が組み合わさって、なかなかのシーン。
もっとも、戦争主体の映画じゃなく、戦争もエピソードにした人間ドラマだからあまりこだわらず、その駆け引きで人間性(カークのだましテクニックは大きな武器だ)を浮き彫りにする素材としてのお楽しみ。


この後も映画は続くんだけど、エンターテイメント性はこのⅡ・Ⅲが一番楽しめる。



gooリサーチモニターに登録!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2011

映画「スタートレックⅡ カーンの逆襲」 Star TrekⅡ The Wrath Of Khan

Startrek2


今日は昨日見た「スタートレック」の続編「スタートレックⅡ カーンの逆襲」

前作(昨日のブログ参照)では、物語を壮大なテーマにしたために人間ドラマが薄くなってしまったので、その反省か、登場人物の人間ドラマに重きを置いている。
宇宙船同士の戦闘も盛り込まれ、娯楽よりの作品となっている。

その人間ドラマは豊富で

カークの老いとの戦い
カークの過去(カーンとの確執)との戦い
カークと元婦人、初めて会う息子との出会い
カーンのカークへの執念
スポックとカーク・マッコイとの友情
(テレビ時代同様の、スポックの論理VSマッコイの感情が楽しめる)
若い世代への受け継ぎ

これらがあふれることなく、うまく絡ませて表現されている。
なによりも前作ではわずかだった、マッコイの巧妙な(皮肉もたっぷり)台詞回しが楽しめる。

ドラマ自体は、元々テレビシリーズであったエピソードを元に、その後日談となる形にもなっているところがファンにはうれしい。
もちろん、それは1つのシチュエーションであって、そのエピソードを知らなくても十分楽しめる。

あと、これはSF映画ファンには突っ込みどころなのだが、未来の話なのにコンソールなどの機械操作が非常にアナログっぽいところが…しかし、このチープな感じがテレビシリーズからのファンにはたまらないという複雑なものでもあったりする。

もう1つ、前作では音楽のメインテーマが新調されたものであったが(スターウォーズやインディジョーンズのジョンウイリアムズを意識した感じ)、近作からテレビ版のテーマがモチーフにされているところのうれしい。

そしてこの映画の最後に待っている、最大の人間ドラマである別れ…
後年、この別れが次回作への複線であったことに気づかされる。

最後にちょっと気になったのは、エンタープライズ号に乗り込んでいくシーンのほとんどが、1作目のCG使い回しのような気が…まぁ、壮大なシーンなんでいいんだけど。



gooリサーチモニターに登録!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧