« 石田長生 | Main | はっぴいえんど »

April 27, 2021

金子マリ&バックスバニー

終活

関西ブルースに染まって過去作まであさっていたころ
このころは仕事で毎週のように出張も行っていたので、気分転換もかねてCDショップもよく行っていた
多少、小遣いが自由になっていた(遠い目…)ころでもある

なので、音は聞いたことはなくても、目に留まったらCDを買っていた
そんな中の一つが「金子マリ&バックスバニー」
以前取り上げた「The Voice & Rythm」で彼女のパワフルな歌声に惚れていた
それが復刻シリーズで廉価販売されていたので飛びついた

2021042111

で、聴いてみたら、ロッド・スチュアートとかマービン・ゲイとか、好きなアーチストがやっているような曲を取り上げている
それだけで聴きなじみがある気がした
また、バンドメンバー観て驚いた
鳴瀬喜博・難波弘之・ジョニー吉長なんかがいっしょに演っている

関西ブルースシーンとはまた違う、洗練されたおしゃれな感じだけど、それがまた良い
(下北のジャニスという肩書にだまされていた)

彼女は今なお現役で歌い続けている
石田長生の追悼コンサートでも、彼の名曲を歌っている
限りなく関西ブルースの遺伝子を受け継いでいてくれる歌姫だ

おすすめは「最後の本音」「それはスポットライトではない」

オークションページ
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u434201536

Sorry Sold Out

|

« 石田長生 | Main | はっぴいえんど »

終活 思い出のCD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 石田長生 | Main | はっぴいえんど »