« 霧の中にいるような音楽 5選 | Main | どうせ暑いなら熱いROCKに浸ろう 5選 »

July 29, 2019

隠れないベースの隠れた名曲 by BEATLES 5選

002_20190803190501

いろいろ「お題」を考えながら、4曲ぐらいはすぐに思いつくけど、なかなか5曲揃わない
そんな時、彼らだけは別格で5曲以上すぐに思い浮かぶ

ということで、今回はメロディメーカーであるポール・マッカートニーがその才能を活かして、ボーカルのメインはほかのメンバーに任せながら、実はベースラインで主導権を握っている(笑)曲を
題して「隠れないベースの隠れた名曲」

「Come Together」
まずはベースがリフの主体を締めてるわかりやすい例
名盤アビーロードのオープニングはこのベースとジョンの「シュー」っていううなりで始まった
ジョンのボーカルはもとろん主役だけど、このベースリフがあるから名曲になってる
シンプルだけど真似できない非凡なフレーズ

「Come Together」

 

「Something」
こちらもアビーロードから、ジョージの名曲
イントロやブリッジに渋いギターフレーズが入る
が、全編に流れるのはシンプルなリンゴのドラムと”動きまくる”ポールのベースライン
中盤のギターソロは、どう考えてもジョージの出番なんだけど、ポールのベースが絡む絡む(笑)

でも、それも含めての名曲です

「Something」

このアルバムを取り上げた記事「Abbey Road」

「Dear Pludens」
大好きなバラード
ちょっとさかのぼってホワイトアルバムから
シンプルなギターアルペジオに乗せてジョンが歌い上げる
それだけでも名曲なのに、ポールのベースが暴れて、数倍の相乗効果を生んでる

「Dear Pludens」

このアルバムを取り上げた記事 「The Beatles」(White Album)

「With A Little Help From My Friends」
リンゴのボーカルを前面に立てた曲…
なんだけど、ベースラインもしっかり主張してる
こういうコードに対する単音のベースは、ベース音(コードCならCの音)かせいぜい3度・5度を使うんだけど、彼はそれでは我慢できない(笑)
まるでボーカルのメロディラインにコーラスをつけるように複雑な音を重ねて、厚みを深くする
しかもリンゴのキャラに合わすかのようなとぼけた感じでね

蛇足だけど、この曲をジョー・コッカーがコピーしたら、めっちゃディープなブルースナンバーになるという(笑)

「With A Little Help From My Friends」

このアルバムを取り上げた記事「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」

「Don't Let Me Down」
基本的な、ベース音と3度・5度くらいで抑えている…と思いきや、中盤ではギターとシンクロしてツインギターソロのように振る舞うと、後半は暴れまくる(笑)
コーラスでもジョンとためをはりながら、ベースラインでも主役を譲ろうとしない

映像は貴重な後期の演奏の姿(彼らは中期からライブ活動をやめた)
映画「LET IT BE」の映像から
ベースの暴れっぷりがよくわかります

「Don't Let Me Down」

まぁ、ベーシストで収まる性格じゃなかったんだろうし、4人組でやるには限界があったんだろうね
いつどのように聞いてもBeatlesは素晴らしいけど、こうしてベースに注目(注耳?)するのもよいかも

こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

|

« 霧の中にいるような音楽 5選 | Main | どうせ暑いなら熱いROCKに浸ろう 5選 »

この5曲を聞け」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 霧の中にいるような音楽 5選 | Main | どうせ暑いなら熱いROCKに浸ろう 5選 »