« ヒロTに感謝を込めて 5選 | Main | ミュージカル男子 The LIVE  »

June 17, 2019

お願いDJ 5選

003_2

長年聴いてきた音楽をネタで語るコラム

ちょっと思いつくままに
いろんなお題で5曲選んでみます

今回のお題は
「お願いDJ」
前回、敬愛するDJ ヒロTを取り上げたので、そこからインスパイやされて「DJ・ラジオ」をテーマに

「Rock Around the Clock」Bill Haley
まずはDJと言えば思い出す映画「アメリカン・グラフィティ」
大学進学が決まった青年と、その仲間たちが繰り広げるたった一晩の話
まだ小学生だったころに初めて観て、高校生活ってなんて素敵なんだろう、と夢想してた
この映画で重要なアイコンがカーラジオから流れる音楽
それを紹介するウルフマン・ジャックのDJ
憧れでした
その映画のオープニングを飾る1曲を
「Rock Around the Clock」Bill Haley

小学生のころ、映画が好きになって、ラジカセ(ラジオとカセットデッキが一体になったやつ)が家にあって、新聞のラテ欄で映画音楽特集があるのを見たら、ラジカセの前に座り、アンテナの向きを微調整してノイズの少ないところ探して、DJの紹介が終わる瞬間に録音のポーズボタンを解除…
それが音楽とのふれあいだった
こんな話、どのくらいの世代まで通用するんだろ(笑)

「Rock Around the Clock」


「トランジスタ・ラジオ」RCサクセション
ということで、ラジオを通じて新しい音楽に触れる
そんな甘い思い出を見事に表してくれたRCサクセションの名曲を
まぁ、私の場合は「授業をさぼって~」の時は、学校裏にあった喫茶店に行ってたけどね
喫茶店ではラジオじゃなくて有線放送だったよなぁ(これも若い子には通じんな)
「君の知らないメロディ 聞いたことのないヒット曲」
ラジオ・DJに教えてもらったことはいっぱいあるね

中学生くらいになると、ラジカセからコンポ(アンプ中心にレコードプレーヤーやラジオやカセットデッキを個別に組み合わせる)時代になり、エアチェックもより細かくなってくる
新聞のラテ欄では情報が足りないので「FMレコパル」などの情報誌を買って、録音したい曲に印をつけてコンポの前に座って楽しんでた
FMもまだNHKか民放(FM大阪)の二択
レコードの新譜をまるまる1枚分流してくれるプログラムもあったりして、エアチェックカセットがどんどん増えていった時代

「トランジスタ・ラジオ」

高校時代になると「レンタルレコード」なんてものが表れて、ラジオは情報を集めて録音はレコードからって時代になった
気に入ったら輸入レコード店(国産より安いしね)に行って、ついでにジャケ買いしたりね
そんなころのお気に入りは NHK-FM のサウンドストリート
渋谷陽一師匠からは少し偏ったROCK愛を学び(笑)坂本龍一や佐野元春からおしゃれな音楽を教えてもらった

「悲しきレイディオ」佐野元春
そんな元春アニキの曲
「RADIO RADIO おしゃべりなDJもういいから RADIO RADIO いかしたMUSIC続けてもっと~」
なんて、いいながらDJしてたアニキは素敵です

そんな高校時代の後半、「WALKMAN」という新しいギアが現れる
外で音楽を聴くときはラジオからカセットテープに軸が変わりましたね
元春アニキのレコードも「WALKMANもどき」(たしかAudioTecnica製だったと思う)で聴きまくってました

オリジナルはもうちょっとゆったりしてるけどリンクできるのがなかったので、客との掛け合いも素敵なライブバージョンで

「悲しきレイディオ」

大学時代はレンタルレコードからレンタルCDに移り、またバンド活動しだしたのでバンド仲間に録音してもらった音源で新しい出会いをしてた頃ですね
その後、社会人になって車で営業回りしだしたら、またFMとお友達になります
そんなころ聴きまくってたのが、前回書いたヒロさんやマーキーさんのプログラムですね
そしてFM802の開局
直前の試験放送では1日中BEATLESを延々流しててね

ではちょっと趣を変えて

「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」 スネークマンショー
DJでもベテランで、様々なジャンルで活躍する二人がユニット(?)を組んでテクノに挑んだ迷曲
後半の物まねパートで最初に取り上げたウルフマン・ジャックも登場します(笑)
伊武 雅刀と小林克也
特に小林克也さんには「ベストヒットUSA」でヒット中の曲を一杯教えてもらいましたね(TVプログラムだけどね)
「EveryDay鍛えたこの声は、あなたをNever離さない」
DJのイメージといえば、LPジャケットを後ろに飾って、ヘッドフォンつけて、でっかいマイクの前で語る
これは小林克也さんからきてますね

「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」


もう一曲はタイトルにもした「お願いDJ」サザンオールスターズを考えてたけど、リンクをはれる音源がなかったので…(コピーバンドのはいっぱいあるけどね)
で、どうしようかと考えて、ちょっとひねって

「Kowalski」Primal Scream

コワルスキーってのは映画「バニシング・ポイント」の主人公の名前
で、この曲が入ってるプライマル・スクリームのアルバムタイトルが「バニシング・ポイント」
で、この映画「バニシング・ポイント」ってのはダッジ・チャレンジャー(いかにもアメ車って感じの憧れの車)に乗ってアメリカをひたすら横断する映画(笑)
で、なぜDJが関係するかというと、警察に追っかけられるコワルスキの逃走劇を知った海賊放送局のDJが現況を報告し、共感する人たちがコワルスキを助けるって映画
主人公は何も語らず、このDJの話でいろいろわかっていく感じだったと記憶してる

って、ひねりすぎか(笑)
でも、曲はかっこいいし、グルーブするベースの名曲としても紹介したかったんでこの際

「Kowalski」

このアルバムを紹介した記事 Primal Scream「Vanishing Point」


こんなテーマはどう?
ってリクエストお待ちしております

 

 

 

|

« ヒロTに感謝を込めて 5選 | Main | ミュージカル男子 The LIVE  »

この5曲を聞け」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヒロTに感謝を込めて 5選 | Main | ミュージカル男子 The LIVE  »