« CINEMA を持ち出そう その4 scene#3 In The SPACE | Main | CINEMA を持ち出そう その6 scene#5 in 中つ国 »

January 09, 2019

CINEMA を持ち出そう その5 scene#4 in コテージ

402


宇宙を体感するイベントを終え、しばし浸った後、家族の待つコテージへ戻る
せっかくの「アウトドア企画」だし、それにかこつけて家族で旅行に来ているのだから、ここでもXPS13を活用しない手はない


ということで、家族と楽しむ作品も持ってきた

数年前からミュージカルのダンスを習い始めた息子
そのスクールがプロの養成をはじめ、最初に契約した数人の一人に息子も選ばれ、「ミュージカル男子」というユニットに所属することになった
そういうこともあり、ここ数年ミュージカル映画をいろいろ見ている

そこで「RENT」を持ってきた

400

映画自身のテーマとしては、マイノリティやHIVなどを扱うハードな面もあるが、なにより楽曲のすばらしさや、ブロードウェーでのロングラン作品映画化であるなど、息子にも観せておきたいもの

旅館やホテルのように部屋続きだったりすると遠慮もあるが、今回の宿泊場所は一戸建てのコテージ
ちょっとボリュームも大きめで楽しまさせてもらった

404


というのは、このXPS13の売り文句のひとつが
「プロの現場でも採用されるWAVES MaxxAudio® Proによるサウンドチューニングが、奥行感ある豊かな高・低音域を再現することにより、最高のオーディオ体験を実現します。」
というサウンドの良さ

401


オープニングのゴスペルナンバーでは、女性シンガーの透き通るような高音がきらびやかに再現されるし、ロックナンバーでもバンドサウンドがしっかり再現される
さすがに、大きなスピーカーシステムに低音は負けてしまうが、街の雑踏から建物内の靴の反響まで、静かなアコースティックナンバーなどに至るまで、多様なサウンドが必要な映画作品の音響を担うには十分なサウンド環境だ

先日の大人数での鑑賞だと、字幕を追いかけるのは少しきついかもしれないが、3~4人でテーブルの3方から覗き込むように観るならこのサイズでも問題ない
そりゃ、大きいに越したことはないが、「CINEMA を持ち出す」というコンセプトならば、このサイズと軽さは重要になる

このサイズならテーブルにお酒やおつまみを置くスペースも確保できますし


403


ロック、バラード、タンゴ、ゴスペル…
様々な音楽があふれるミュージカル
家族のひと時として堪能させていただきました


過去の記事
CINEMA を持ち出そう その1
CINEMA を持ち出そう その2 scene#1 クリスマス
CINEMA を持ち出そう その3 scene#2 正月帰省
CINEMA を持ち出そう その4 scene#3 In The SPACE

#デルアンバサダー
#DELLCINEMA

|

« CINEMA を持ち出そう その4 scene#3 In The SPACE | Main | CINEMA を持ち出そう その6 scene#5 in 中つ国 »

ガジェット(物欲)レポート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CINEMA を持ち出そう その5 scene#4 in コテージ:

« CINEMA を持ち出そう その4 scene#3 In The SPACE | Main | CINEMA を持ち出そう その6 scene#5 in 中つ国 »