« Blur「Leisure」 | Main | Radiohead「Pablo Honey」 »

February 07, 2009

Primal Scream「Primal Scream」

4988010770129
前回紹介したBlurの「Leisure」から少しさかのぼった1989年、前々回紹介の「The Stone Roses」と同じ年に発表されたPrimal Screamの2ndアルバムが「Primal Scream」
セルフタイトルなんで1stっぽいが、1stは87年の「Sonic Flower Groove」で、このアルバムは未聴だったりする。

こう書いてみると、Primal ScreamってのはThe Stone Rosesが起こしたムーブメントよりも先にアルバムデビューしてるし、なおかつ今もずっと現役でいるというのはすごい。

音としてはガレージロックなんだけどなんとなくメロディがポップな感じの曲と、この後のアシッドな時代を予感させるスローバラードの二面性がある。
この時期の作品はベスト盤からも外したり、ライブでもほとんど演らないというから、彼らの望む形の活動は次作の「Screamadelica」からになるのだろうし、90sUKの重要バンドとして語るのも自作からかもしれない。
でも、その片鱗があるということで、ここで紹介。

「Ivy Ivy Ivy」ガレージロックっぽい作りなんだけど、先に後のPrimal Screamを知っているとどうにも甘ったるく感じてしまう。
これがOasisならそういう見方をしないんだろうけど…
時代を先取りする、とんがった彼らが時代に飲まれているというか。

「You're Just Dead Skin To Me」ちょっと不穏なノイズから始まるも、聞かせるピアノバラード。
感想やバッキングのそこかしこにちりばめられるノイズがにくい。
ボビーの甘ったるい声は、1曲目のアイドルっぽい曲よりこういうゴスペルチックなバラードに良く似合う。

「She Power」1曲目同様、甘いガレージロック。

「You're Just Too Dark To Care」3rd以降のサウンドに通じる、静のプライマルサウンド。
何度か聞いてるけど、今回じっくり聞いて惚れ直した一曲。

「I'm Losing More Than I'll Ever Have」ギターのアルペジオに載せてせつせつと歌い始めるボビーの甘い声。
やがてベースやドラムも加わりだし、ゴスペルチックに歌い上げる熱いナンバーとなる。
このアルバムの隠れた名曲といえるだろう。

「Gimme Gimme Teenage Head 」ちょっとだけハードになったけど、基本は甘いロック。

「Lone Star Girl」 1曲目同様、甘いガレージロック

「Kill The King 」 サイケな味付けのスローナンバー。
アシッドの芽生えか。

「Sweet Pretty Thing」1曲目同様、甘いガレージロック

「Jesus Can't Save Me」 ラストを飾るピアノバラード。
タイトルが意味深ではあるが…

カルト度 75% でも私的には「I'm Losing More Than I'll Ever Have」だけでも買う価値はあると…(安ければだけどね)

<MANU.s Main Page>  <index>

  

|

« Blur「Leisure」 | Main | Radiohead「Pablo Honey」 »

Comments

I really like what you guys are usually up too. Such clever work and coverage! Keep up the excellent works guys I've you guys tto our blogroll.

Posted by: Susanna | April 26, 2016 at 12:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/43973775

Listed below are links to weblogs that reference Primal Scream「Primal Scream」:

« Blur「Leisure」 | Main | Radiohead「Pablo Honey」 »