« The Beatles「Magical Mystery Tour」 | Main | The Beatles「Yellow Submarine」「~ Songtrack」 »

May 28, 2008

The Beatles「Rubber Soul」

077774644020
Let It Be」でBeatlesの洗礼を受けてから、次にヒット曲満載の編集版「Oldies」を買い、その後しばらくは後期のポールのヒット曲(「The Long And Winnding Road」「HeyJude」など)を追っかけていたが、いつしかジョンの曲の方が気に入りだした。
White Album」が大きく影響しているが、この「Rubber Soul」を買ったことが大きかったと思う。
明らかに、それ以前のアルバムや編集版で聞けるヒット曲とは違う世界がある。
アメリカンなPOP・ROCKにはない、陰の部分。
ただマイナー調ってことではなく、メジャー曲でもコーラスの音が明るくないというか…
それはこのアルバムの曲から、特にジョンの作品による部分が大きい気がする。

そういえば、単純なロックン・ロールは1曲もない。
また、このアルバムから全曲オリジナルになる。

「Drive My Car」ベースのグルーブ、メイン旋律を外して、コーラス的なトーンでデュエットするボーカル、淡々とリズムを刻むカウベル…明らかにこれまでのBeatlesの1曲目とは違っている。
とにかくかっこいい。

「Norwegian Wood (This Bird Has Flown)」このアルバムを買おうと決意させたジョンのトラッドなアコ作品。風景が浮かぶような雰囲気作りはさすが。

「You Won't See Me」初期のBeatlesイメージが残る、さわやかな曲。
コーラスの入り方も秀逸

「Nowhere Man」この曲でもジョンの少し陰の入った世界観が繰り広げられている。
このあたりから、こういう粘っこい歌い方が増えていくんじゃないかな。

「Think For Yourself」こういうコーラスの微妙な和音の使い方も、これまでのBeatlesからがらっと変わったところ。
ジョージの作品だが、メインボーカルが必ずしもメインメロディじゃないという…
うーん、非凡だ。

「The Word」引き続き、コーラスワークで聞かせる曲。
ジョンかジョージかわからないけど、ボーカルの裏でもカッティングだけじゃなく結構リードギターを弾くようになってきた。

「Michelle」このアルバムでのポールのハイライト。
甘い…ひたすら甘いラブソング。
フランス語の甘い調べに初めて触れたのはこの曲かもしれない。

「What Goes On」リンゴらしい、ほのぼのとした曲。

「Girl」最初はこの曲がジョンのハイライトだと思っていた。
確かに、初期のベスト盤に選ばれる、ヒット性のある曲ならこれだろう。
曲はマイナーだが、むしろ陽(わかりやすさと言おうか…)の空気がある。

「I'm Looking Through You」ポールらしいトラッド。
しかし、この曲でもコーラスがアクセントになっている。

「In My Life」最初に書いたように、ポールのわかりやすい作品が私のベスト5を占めようとしていた時代でも、ジョンのこの曲だけは割り込んでいた。
若い頃も好きだったが、ある程度年齢を重ねた今、あらためて聞きながら涙してしまう。
私のフェイバリット・LOVEソング

「Wait」前曲の余韻を引き破るような、緊張感のある作品。
やはりこの曲もコーラスの音使いが抜群にピリピリしてる。


「If I Needed Someone」ジョージもこの曲で非凡なソングライティングの片鱗を見せている。

「Run For Your Life」このアルバムの中ではちょっと異質の感じ。
どちらかと言うと、このアルバム以前のストレートな感じ?
でも、転調する感じや、コーラスワークで 不思議な余韻を残す曲になっている。

定番度 85% アイドルから脱皮しだす作品で、歴史的に重要。

Rubber Soul - The Beatles LP/CD/MP3


<MANU.s Main Page>  <index>

  

|

« The Beatles「Magical Mystery Tour」 | Main | The Beatles「Yellow Submarine」「~ Songtrack」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/41346504

Listed below are links to weblogs that reference The Beatles「Rubber Soul」:

» ザ・ビートルズ『Rubber Soul』 [ROCK野郎のロックなブログ]
The Beatlesの6thアルバム『Rubber Soul(ラバー・ソウル)』。1965年発表。 ビートルズを聴き始めの頃のフェイバリットといえば、3rdとこの『ラバー・ソウル』でした。他には『アビイ・ロード』もいいな、とは思っていたのですが、やはりビートルマニア行きの決定打とな....... [Read More]

Tracked on June 02, 2008 at 10:57 AM

» ビートルズ 12 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00536 ビートルズ6枚目のアルバム『ラバー・ソウル』 (1965年) 1 2 3 4 5 6 7 8 9... 意味が分かりませんよね。 実はこれ自分が生きて来て感じる数字の差です。 つまり他の数字の間隔は大体均等に感じるのですが、6と7の差は物凄く離れてる....... [Read More]

Tracked on September 09, 2009 at 10:23 PM

« The Beatles「Magical Mystery Tour」 | Main | The Beatles「Yellow Submarine」「~ Songtrack」 »