« Radiohead「In Rainbow」 | Main | King Crimson 「Red」 »

May 02, 2008

King Crimson「Lark's Tongues In Aspic」

4582213912159
幾度かのメンバーチェンジ後、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォードの二人がしばらく定着する時期の1枚目。
邦題は「太陽と戦慄」だが本来のアルバム名を直訳すると「肉ゼリーの中の雲雀の舌」…うーん。

「Lark's Tongues In Aspic (part 1)」緊張感…この一言に尽きる。
ビルのドラムとジェイミー・ムーアのパーカッションがバトルする。
デビッド・クロスのストリングが高音域での緊張を保ち、ロバート・フリップのギターが縦横無尽にかけめぐる。
計算されつくしているのか、インプロヴィゼーションの産物なのか、聞くほうも息を呑んでしまう。
ただ、若い頃はこの曲は苦手だった…

「Book Of Saturday」ジョンの甘い声が似合うバラード。
ジャジーなギターとデビッド・クロスのストリングスが静かな世界を作り出している傑作。

「Exiles」こちらもスローバラードだが、ドラムとベースが加わり少しメリハリが重視されている。
単独ならかなりいい曲なんだろうが、前後の曲がすばらしすぎるため少し影が薄い。

「Easy Money」最近TVコマーシャルでも使われた、ボーカルのリフが中心の曲。
後のメタル・クリムゾンへの序曲か。
ジョンの高域ぎりぎり(と感じさせる)声が妙な緊張感を漂わせる。
中盤のインプロヴィゼーションでのビルのドラムとジェイミーのパーカッションの絡みはこの時期ならではのもの。

「Talking Drum」ひたすらインプロヴィゼーションの作品。これも若い頃には苦手だったが…アルバム単位では必要な曲だろうが、単体で聞くことはないだろう。

「Lark's Tongues In Aspic (part 2)」1曲目と同じタイトルでパート2となっているが、こちらはリフ中心の統制された作り。
このアルバムで一番好きな曲。

定番度 85% King Crimson史でBEST3に入る作品

Lark's Tongues In Aspic - King Crimson CD/MP3


|

« Radiohead「In Rainbow」 | Main | King Crimson 「Red」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/41064402

Listed below are links to weblogs that reference King Crimson「Lark's Tongues In Aspic」:

» キングクリムゾン『Larks' Tongues in Aspic』 [ROCK野郎のロックなブログ]
「予想通り」という言葉があります。ロックの世界にも、もちろん「予想通り」な作品っていうのがあって、それは雑誌の解説やネットでの評判などを事前に読んでいて初めて成立する「予想通り」ではあるんですが、予想が的中してしまった場合、どんなに素晴らしい作品であって....... [Read More]

Tracked on June 05, 2008 at 11:02 AM

» 【ジェイミー・ムーア】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
ジェイミー・ムーア に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [Read More]

Tracked on July 14, 2008 at 04:25 PM

» ジェイミー・ムーアのこと [今日の気になること]
ブログから検索 ジェイミー・ムーアイギリスのトランポリン選手。「ジャンクSPORTS」で.[2008-07-14T04:22:27Z] by google「太陽と戦慄」はやはり戦慄だった... ビル・ブラッフォード、ジョン・ウェットン、デビット・クロス、ジェイミー・ムーアと、メンバーを一新した...... [Read More]

Tracked on October 17, 2008 at 11:34 PM

« Radiohead「In Rainbow」 | Main | King Crimson 「Red」 »