« Japan「Tin Drum」 | Main | Queen「A Night At The Opera」 »

May 14, 2008

David Bowie「The Rise & Fall Of Ziggy Stardust & The Spiders From Mars」

4988006849808
アルバムタイトルは「The Rise & Fall Of Ziggy Stardust & The Spiders From Mars」長いもんで、日本では「ジギー・スターダスト」と短縮されていた。

このアルバムもとっくに紹介してなくちゃいけない一枚。
実はDavid Bowieは「Heros」をリアルタイムで聞いて好きになり、その後「Stage」というライブアルバムを聞き、このアルバムよりも先にZiggyの曲は何曲か聴いていた。
しかし、アルバムとして聞いた時、それらのヒットナンバーも含めて、大きな流れの中で輝く曲たちに惹かれた。
年を重ねて聞くとさらにその渋さに驚く。
間違いなく、ROCKの歴史に残る一枚。

「Five Years」シンプルなドラムが導入、そこにピアノ・ベースとボーカルが加わる。
たったそれだけなのに、荘厳な雰囲気が醸し出されるのはボウイの表現力ゆえか。
シングルやヒットソングになるようなものじゃなく、コンセプトアルバムのオープニングという位置ながら、このアルバム全てを表現しているような深み。
ラストの「Rock & Roll Suicide」と対で、きらびやかな世界の入口と出口を作り出している。
この一曲だけで名盤になることを決定付けている。
ラストの切ないギターの音も余韻を引き出している。

「Soul Love」前曲のドラムからつながるようにリズムセクションが入り、少し作った声でボーカルが始まる。ライブアルバムでは単独でも聞ける曲だと思っていたが、「Five Years」からの流れだと、ナチュラルな叫びと、ちょっと気取った風な歌い方との対比で面白い。

「Moonage Daydream」ギターがロックしている、バンドサウンドのナンバー。
いかにも70年代のロックナンバーだが、今聞いても色あせた感じがしない。

「Starman」この曲も単体で聞いてもすばらしいけど、アルバムの中で前半のハイライトとして聞くとなお良い。
この粘っこい声質は、男が聞いてもセクシーだ。

「It Ain't Easy」ほかとはちょっと雰囲気の違う単調な曲調だが、ボーカルが変化をつけてミュージカル的なアクセントをつけている。
ヒット性はないのだが、結構好きな一曲。

「Lady Stardust」このアルバムの中ではバラード的な役割を持っている曲。
歌いこむボウイの歌唱力はさすがだ。

「Star」バラードで一息ついた後、ラストに向かってスパートしていく。
ボウイ流のロックンロールナンバー。
ひたすらかっこいい。

「Hang On To Yourself」こちらはバンドがハードな分、ちょっとボーカルを押さえ気味なロックンロール。
この2曲のエネルギーが、次のクライマックスに導いていく。

「Ziggy Stardust」オープニングのギター、シンプルなドラム、おとなしめだがしっかり聞かせるベース…そして、七色のボーカルを見せるボウイ。
情景が浮かんできそうな、情感たっぷりのボーカルは最高だ。

「Suffragette City」前曲で恍惚に達したものを、さらに揺らすロックンロールナンバー。

「Rock & Roll Suicide」最初は、単にアルバムラストを飾る佳曲だと思っていた。
しかし、何度も聞くうちに、グランドフィナーレを飾る大げさなものだと思うようになってきた。
さらに聞くうちに、魂の叫びに聞こえてきた。
「You Are Not Alone」
この曲を知るより前に、スピルバーグの映画でこのフレーズを知っていた。
しかし、実際は映画よりはるか前にボウイはこのメッセージを歌にしていた。
間違いなく、この曲があるからこのアルバムが名盤になった。

去年、表紙の「ロック名詩100選」というタイトルと、ボウイの表紙につられて何年ぶりかでrocking'onを買った。
そこには数あるボウイの曲の中からこの「Rock & Roll Suicide」が取り上げられていた。
シングルにもなっていないこの曲がだ。
ジギーというロックスターを演じてきたボウイがアルバムの最後で叫んだ歌。
しみるなぁ…

定番度 95% Rockの歴史的名盤

The Rise & Fall Of Ziggy Stardust & The Spiders From Mars - David Bowie LP/CD/MP3


|

« Japan「Tin Drum」 | Main | Queen「A Night At The Opera」 »

Comments

Thank you for the good writeup. It actually used to be a leisure account it. Look complicated to more introduced agreeable from you! By the way, how can we communicate?

Posted by: You Should Do Muay Thai | January 26, 2017 at 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/41209794

Listed below are links to weblogs that reference David Bowie「The Rise & Fall Of Ziggy Stardust & The Spiders From Mars」:

» 桜田淳子 [桜田淳子と70年代ヒットソング通販]
桜田淳子70年代ヒットソング・研ナオコ「あばよ」、桜田淳子「しあわせ芝居」、工藤静香「ムゴ・ん…色っぽい」、TOKIO「宙船」も流れた。それに徳永英明「時代」、槇原敬之「空と君のあいだに」、福山雅治「ファイト!」も流れた。この3曲は良かった。フルコーラスで聴きたかった。 しかも (ピンク・レディー)8.モンスター(ピンク・レディー)9.透明人間(ピンク・レディー)10.私の青い鳥(桜田淳子)11.夏にご用心(桜田淳子)12.ロマンス(岩崎宏美)13.シンデレラ・ハネムーン(...... [Read More]

Tracked on May 18, 2008 at 11:15 AM

» デヴィッド・ボウイ『Ziggy Stardust』 [ROCK野郎のロックなブログ]
僕は偽物がキライです。上っ面だけのサウンドはどうも好きになれません。具体的には言いませんが、キライなアーティストがいっぱいいます。とにかく本物が好きなんです。 コイツは本物の偽物です。いや、偽物の本物です。う〜ん、上手く言えない・・・コイツの偽物ぶりは....... [Read More]

Tracked on June 05, 2008 at 10:55 AM

» David Bowie「Ziggy Stardust」 [オヤジへなちょこボーカリスト「しょうのブログ」 ]
これまた久々のCD紹介。今日はD.Bowieの「Ziggy Stardust」をご紹介。 これ以降のD.Bowieのイメージを決定づけたとされ、ロック史に燦然と輝く、名盤中の名盤である。 地球にやってきたジギー・スターダストという異星人がロックスターになり、やがては死んでいくとい....... [Read More]

Tracked on February 10, 2010 at 03:25 PM

« Japan「Tin Drum」 | Main | Queen「A Night At The Opera」 »