« Coldplay「A Rush Of Blood To The Head」 | Main | Dream Theater「Score」 »

June 07, 2007

Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」

Band_onthe_run
今回、携帯に入れるプレイリスト作成時に新に「DEEP」カテゴリーに加えたくなった曲があった。このアルバムの「Nineteen Hundred And Eighty Five」だ。ピアノのリフが流れ続けるところに、ちょっとチープなシンセが加わる。ドラムとベースは淡々とリズムを刻んでいく。この曲を深いものにしているのはWingsのほかの曲のようなPOPじゃない、アクセントのきいたピアノプレイ(レディ・マドンナをマイナーにした感じ)。そしてポールのボーカルの上手さ(ホワイトアルバムの頃のような多彩さ)。そして曲構成の匠さ(しいて言うならユー・ネバー・ギブ・ミー・ユア・マネー)。
そう、ここにはPOPじゃないポールがいる。

このアルバムを最初に聞いたのはFMラジオで、アルバム1枚まるまる流してくれた。それをラジカセで録音して繰り返し聞いてた。当時のお気に入りはロックな「Jet」とポップな「Let Me Roll It」、そして何よりもかっこいいオープニングナンバー「Band On The Run」
他の曲も皆、耳になじみがよく、中学生の私にはジョンよりもジョージよりも、解散後のBEATLESはこのWINGSだった。

数年後、大人になり、音源もCDに変わってきてから手にしたこのアルバムを聞けば聞くほど、「Picasso's Last Words (Drink To Me) 」と「Nineteen Hundred And Eighty Five」のラスト2曲が魅力になった。

いつしか、ポールよりもジョンの曲の方に惹かれる私だが、このアルバムはBEATLESとは別のバンド作品として、ジョンには出来ないことをしたポールを評価できるものだ。

定番度 90% 歴史的な名盤のひとつとして

Band On The Run - Paul McCartney & Wings

|

« Coldplay「A Rush Of Blood To The Head」 | Main | Dream Theater「Score」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/15340185

Listed below are links to weblogs that reference Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」:

« Coldplay「A Rush Of Blood To The Head」 | Main | Dream Theater「Score」 »