« Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」 | Main | Sigur Ros「Agaetis Byrjun」 »

June 09, 2007

Dream Theater「Score」

Dream
仕事の関係で、amazonから商品を買う必要ができた。ついでだからなにかないかとバーゲンコーナーを物色していたら、このDream Theaterの「score」が目に入った。オーケストラとのコラボ。しかも3枚組みで1590円!!!迷わずカートにいれた。
正式タイトルは「Score: XOX - 20th Anniversary World Tour Live with the Octavarium Orchestra」

Dream Theaterはすでに何枚か持っている。最初から買おうとしていたわけではなく、タワレコなどで他のものを買ったついでに買ったような感じだ。私の好みはやはりUKよりなので、このアメリカン・プログレ・メタルはそんなに聞き込んでいない。しかし、スティーブ・ハウと競演した音源や、UKプログレの曲をカンコピするテクニックなどに注目はしていたし、実際買ったアルバムも外れではなかった。
オーケストラとのコラボといえば、やはりPink Floyd「原子心母」が思い浮かぶが、あちらは最初からオーケストラありきの作品。Metallicaの「S&M」も聞いているが、あれはオリジナル音源の方が良かった。さて、ドリムシはいかに…


Disk1
「The Root Of All Evil」この時点での最新アルバム「Octavariu」のオープニング曲でライブも幕をあける

「I Walk Beside You」つづいて「Octavarium」から Rushを思い起こさせる曲

「Another Won」バンド名が「Majesty」時代の初期の曲らしく、ひたすらバカテクを披露できるような曲。もっともオリジナル音源は聞いていないから、ライブ用に各メンバーのソロ的なフレーズを入れてるのかもしれない。しかし、ジョン・マイアングのベースはすごい。

「After Life」こちらは1st Albumからだが、前曲と同じ感覚の曲。この手が2曲続くと聞いていうるほうもとても忙しく感じる。展開はプログレっぽさもあるかも知れないが、やっぱりヘビメタだよなぁ。

「Under A Glass Moon」名作「Images & Words」の曲。このアルバムの曲になるとただテク見せまくりだけではなく、曲にも深みが加わってきてプログレっぽさが増してくる。雰囲気としてはメタル・クリムゾンの重さとリレイヤー・イエスのきらびやかさが同居したイメージもあるか。

「Innocence Faded」3rd「Awake」から。じつはこのアルバムは聞いてないんだよねぇ。ちょっと落ち着いた感じの曲かな。「ライブじゃボーカルの声がでてない」とかいろいろ噂は聞いてるけど、結構伸びのあるボーカルできてるじゃん。ギターソロのあたりはトーク・イエスのトレヴァー・ラヴィンを思い起こさせる感じ。

「Raise the Knife」 4thアルバムの頃に収録されたアルバム未発表の曲らしい。

「The Spirit Carries On」5th「Metropolis Part.2 : Scenes From A Memory」からの曲で第1部終了、デビッド・ギルモアを思わせるブルージーなギター、ロジャー・ウォーターズを思わせるささやくようなボーカル。つくづく、リスペクトするバンドの雰囲気を取り込む器用な人たちだ。でも決してパクリじゃなく、リスペクトだ。オフィシャルブートレグでは「狂気」をまるまる再現しているアルバムがあったりする。(他にもアイアン・メイデンやメタリカの再現物も)

ここまではバンドメンバーだけで、ある意味これだけでも充分元が取れるライブアルバム。

Disc2にうつり、ここからが目玉のオーケストラとの競演。
まずは40分超の「Six Degrees Of Inner Turbulence」
overtureとして、もともとオーケストラ演奏のパートでオーケストラをお披露目するのだが…なんとなく切れが悪い。買うときのほかの人のレビューでも結構酷評されていたがその気持ちもわかる。
しかしバンドが入ってからは当然主導はバンド演奏で、その隙間を埋めるような、あるいは各パートの幅を広げるような形でオーケストラが利用されている。
もともとプログレ的展開を楽しむ曲なので、メタルのような音圧で圧倒されるより、音の深さで迫られるのが功を奏している。
後半になるにつれて、その音の幅・深さと曲の盛り上がりがマッチしてき、どんどん引き込まれていく。結果的にはドラマチックな名演奏になったんじゃないだろうか。
「Vacant」「The Answer Lies Within」はバラード系の小作品(5分あっても小作品になっちゃう 笑)
「Sacrificed Sons」これもドラマチックな作品だが、Disc1にあった初期のものよりはかなり落ち着いた雰囲気になっている。オーケストラが入っているでいなのか、バンドとして成熟して作られた作品だからか…

Disk3
「Octavarium」再び30分近い大作。イントロから7分間はPinkFloydの「Shain On You Crazy Diamond」を思い出させる。これも木管などオーケストラの音を上手く利用している。ボーカルが入りだしてからの盛り上がる展開はなぜか中期のGenesisっぽい。中盤のギターソロ~キーボ・ベースユニゾンのあたりはYESだしなぁ…っていうか、私がUKプログレと比較しすぎなのか?
この曲のオリジナルアルバムは持っていないが、聞いてみたくなった。

アンコールは2nd「Images & Words」から「Metropolis Pt.1」この曲も展開はプログレっぽいのはプログレっぽいのだが、醸し出す雰囲気は初期のジャーニーかな。アメリカンプログレのはしり。オーケストラも出過ぎない程度にバックを固めてる。シンセ・ギターのユニゾン以降のソロ部分はやはりリレイヤー・イエスの緊張感を思い出す。

カルト度 60%  特別お薦めもしないし、止めとけとも言わない。ただかなり長い(苦笑)

Score: XOX - 20th Anniversary World Tour Live with the Octavarium Orchestra - Dream Theater CD/MP3

|

« Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」 | Main | Sigur Ros「Agaetis Byrjun」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/15362702

Listed below are links to weblogs that reference Dream Theater「Score」:

« Paul McCartney & Wings 「Band On The Run」 | Main | Sigur Ros「Agaetis Byrjun」 »