« Pink Floyd「The Wall」 Movie | Main | Radiohead 「Airbag/How Am I Driving?」 »

April 27, 2007

Roger Waters「The Wall : Live in Berlin」

The_wall_berlin
もうひとつの「The Wall」といえるのがこの「The Wall : Live in Berlin」これは東西ドイツを隔てていた壁が崩れた翌年、1990年にそのベルリンの壁があった場所で行われたコンサートの模様を収めたDVD(同内容のCDもあったはず)
これはPink Floyd名義ではなく、フロントマンだったロジャー・ウォーターズを中心に様々なアーチストをゲストに、10年前のツアーライブを再現したもの。Pink FloydのツアーDVDが発売されない限り、客席との間に壁を築いていくという伝説のコンサートを映像で見ることが出来るのはこれだけなので、先に紹介したLIVEアルバム「Is There Anybody Out There?: The Wall Live 1980-81」を補填してその雰囲気を楽しむことが出来る。

参加アーチストに関しては?マークもつくが、おおむね原作の雰囲気をなぞろうと努力しているのが伺える。
重厚な「In the Flesh」には地元のバンドと言うこともあるだろうがハードロックバンド「スコーピオンズ」が起用される。バイクとリムジンでステージに乗りつけ演奏するスタイルは「カリスマロッカー」である主人公PINKのイメージなんだろう。でもちょっと浮いてる気が…。あと「Another Brick in the Wall, Pt. 2 」を担当した「シンディ・ローパー」が型にはめようとする体制に批判する子どもの代表として歌うのだが…無理してるよなぁ…。
逆に惹かれたのは「Mother」を担当した「シンニード・オコーナー」歌は上手いし、雰囲気も抜群だし、この曲はオリジナルのロジャーの歌声よりこちらの方がはまっている気がした。
「Young Lust」の「ブライアン・アダムス」は当時大人気のロックンローラーだったからはまってたかな。
ヅラをかぶって奇抜な教師の格好でつるされていた「トーマス・ドルビー」ははまりすぎで笑える。

そういう演奏の一方で、どんどんレンガが詰まれて行き、客席の間に壁がきづかれていく。「The Wall」ツアー当時、壁が出来た後どうやって演奏しているのか謎だったが、曲ごとに壁の一部が空いてそこから姿を出して演奏したり、壁の上で演奏したりしていたことが判った。さらには壁をスクリーンとして映画「The Wall」でも使用されたアニメが効果的に映写されていく。
そしてクライマックスでその壁が崩されていく…圧巻!

ただ、考えて見ればこの壁は本来はアーチストとオーディエンスを隔てるものの象徴だったはず…ってベルリンの壁とは関係ないじゃん!?ある意味、崇高なコンセプトが売り物だったPink Floydの魂を企画物に売り渡してしまったような…なんてことも考えもしたが、伝説のロックショーを再現されたことを大事にしましょうか。

最後に、影の功労者としてサポートギターの「スノーウィ・ホワイト」をあげときましょう。Pink Floyd時代からサポートしていた彼の「泣きのブルースギター」はデビッド・ギルモアの穴をしっかり埋めていました。ロジャーのライブの時もしっかり代役を務めてたしね。グッド・ジョブ!

定番度 70% 伝説のロックショーのさわりを体感したい人はぜひ!

The Wall : Live in Berli - Roger Waters(and more)/DVD

|

« Pink Floyd「The Wall」 Movie | Main | Radiohead 「Airbag/How Am I Driving?」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/14848830

Listed below are links to weblogs that reference Roger Waters「The Wall : Live in Berlin」:

« Pink Floyd「The Wall」 Movie | Main | Radiohead 「Airbag/How Am I Driving?」 »