« Radiohead 「The Bends」 | Main | Queen 「Queen」 »

November 27, 2006

Radiohead 「Hail to the thife」

Hail
Radioheadがギターバンドに回帰したと言う触れ込みのこのアルバム。今の時点ではまだ最新アルバムになる。
たしかに一曲目の「2+2=5」からバンドサウンドが繰り広げられるが、その曲つくりは2ndアルバムまでのシンプルなギターバンドではなく、どちらかというとパンキッシュなサウンドか。しかも2曲目「Sit Down Stand Up」ではもうデジタルビートに埋もれてしまう。3曲目「Sail To The Moon」4曲目「Backdrifts」なんかは「Kid A」につうじるサウンド。5曲目「Go To Sleep」はアコギのイントロから始まり、ビートのあるバンドサウンドに戻るが、ボーカルは浮遊した感じ。
6曲目「Where I End And You Begin」から「We Suck Young Blood」1曲とばして「There There」がこのアルバムのハイライトかな。デジタルビートとギターサウンドの融合を目指した、新しいRadioheadが垣間見える。
そのあとは最近のThomのソロにも通じる「I Will」やちょっとヘビーサウンドの「Myxomatosis」などを経て、このアルバムで一番きれいなメロディの「Scatterbrain」そしてラストの「A Wolf At The Door」で余韻を残して終る。

結局、「The Bends」にも「OK Computer」にも「Kid A」にもなれない、中途半端なアルバムになってしまった気がする。いや、一枚のアルバムとしては結構好きなのだが、Radioheadとして聴くと、過去のアルバムがすばらしいために損をしている。

今年のThomのソロアルバムを経て、おそらく来年発売されるであろうRadioheadの新譜に期待したい…けど期待するのが酷かなぁ。


定番度 50% 他のアルバムを聴いてからでも遅くありません

Hail To The Thief - Radiohead CD/MP3

|

« Radiohead 「The Bends」 | Main | Queen 「Queen」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/12846711

Listed below are links to weblogs that reference Radiohead 「Hail to the thife」:

» レディオヘッド『Hail to the Thief』 [ROCK野郎のロックなブログ]
Radioheadの6thアルバム『Hail to the Thief(ヘイル・トゥ・ザ・シーフ)』。2003年発表。 う〜ん、て感じのアルバム。世の中の苦悩を描き出してきたレディオヘッドが、ここにきて自ら苦悩しているのが浮き彫りになった作品だと思います。2nd『The Bends』以降ずっと思い...... [Read More]

Tracked on June 11, 2008 at 05:35 PM

« Radiohead 「The Bends」 | Main | Queen 「Queen」 »