« Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART2 | Main | Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART4 »

November 17, 2006

Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART3

Eric3

07. Key to The Highway
中盤のアコースティック・セット。ギター3本にベース、それにカホンの構成。カホンはワイヤーブラシで叩いてた。まずはこれも「Layla & Other Assorted Love Songs」からの選曲、B.B.Kingとのコラボでも取り上げてた典型的なブルースナンバー。もうイントロのフレーズだけでもう昇天もの。やばい!。ソロは抑え目だけど。雰囲気で持っていった感じ。

08. Outside Woman Blues
続いて、CREAM時代「Disraeli Gears」からのナンバー、南部臭満開のブルース。デレク君のスライドはアコギになっても絶品。しかしそれを押さえて縦横無尽のクラプトンのソロ。渋い。

09. San Francisco Bay Blues
今度はちょっとアップテンポのカントリーブルース。「Unplugged」で取り上げてた曲。ドイル君のブルースハープも決まってた。クラプトンもマイクに取り付けたカズーで対抗(笑)

10. Nobody Knows You When You're Down and Out
アコースティックブルースの最後は「Layla & Other Assorted Love Songs」からの曲で「Unplugged」でも演ってた曲。ピアノのバッキングがおしゃれで、ソロもフューチャー。続くギターソロも軽ーく押さえてクラブハウスの雰囲気。この曲からドラムは普通のドラムセットに。

11. Running On Faith
いちおうこの曲もアコースティックセットだけど、クラプトンだけがアコギであとはバンドセット。前の曲でいい感じの古さを醸し出していたピアノが一転して90年代の深みのある音へ…PA技術はすごいね。深みのあるバンドサウンドんなって、ブルース臭は消えてバラードの秀作、アダルトなクラプトンが登場って感じ。ギターソロはドイル君のほうだったと思う。この曲も「Journeyman」から

ネット探してたら、すでにブートの販売してたね。
https://sslbg.com/phantom/main/syosai.php?syouhin_cd=5499

|

« Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART2 | Main | Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/12714907

Listed below are links to weblogs that reference Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART3:

« Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART2 | Main | Eric Clapton 2006JAPAN TOUR PART4 »