« Pink Floyd の一人としてとソロアーチストとしてと 「In The Flesh」 part2 | Main | ブリティッシュ・トラッドとロックのはざま 「Every Picture Tells A Story」 »

March 01, 2005

Stonesの変革期「Let It Breed」

let_it_bleed今日は久々にStonesに惹かれていた。
月末の仕事をあれやこれや夜中までやってるときにStonesの音は元気をくれる。
しかし所々、単純なロックンロールや渋いブルースとは違う、複雑な音の絡まりを聞かせてくれるナンバーがある。前に紹介した「Sympathy For The Devil」もそうだが、同じ時期に作られた「Gimme Shelter」もそういう1曲だ。この曲に関してはライブでの演奏のほうが好きで、どの時期・どのメンバーで演ってもすばらしい。その大元になるスタジオテイクがはいっているのがこのアルバム「Let It Breed」である。このアルバムを境にメンバーの出入りがあって、アルバムとしてはいろんな側面を持っているように思う。

オープニングがこの「Gimme Shelter」ギターのフレーズ(これはブライアンだろうかミック・テイラーだろうか)にソウルフルな女性コーラスが絡み、キースのギターが絡んでくる。が、やはり肝はミック・ジャガーのボーカル。ロックン・ロール・シャウトでもブルージーでもないのだが、しっかり自己主張するボーカル。テクニックではなく、オーラがある人だと思う。

その後一転して渋いブルースナンバー「Love In Vain」やベースがかっこいい「Live With Me」などが続いた後の「Midnight Rambler」が中盤のハイライト。ストーンズの中では一番ナチュラルなブルースナンバーじゃないだろうか。

そして賛否両論のラストナンバー「You Can't Always Get What You Want」
少年(?)コーラスから始まるこの曲、このコーラスには?だが絶品のバラードだと思う。ミックの粘っこいボーカルがはまりにはまっている。

若い頃はひたすら1曲目とラストナンバーばっかり聞いていたが、あらためて通して聞いてみると年食った今だから気に入る曲が多いアルバムだ。派手さはないが、渋さでじんわりと好かれるアルバムじゃないだろうか。

(定番度 70%)フォーティリックスでストーンズファンになった若者はぜひ。

The Rolling Stones - Let It Bleed MP3

|

« Pink Floyd の一人としてとソロアーチストとしてと 「In The Flesh」 part2 | Main | ブリティッシュ・トラッドとロックのはざま 「Every Picture Tells A Story」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/3130507

Listed below are links to weblogs that reference Stonesの変革期「Let It Breed」:

» ザ・ローリングストーンズ『Let It Bleed』 [ROCK野郎のロックなブログ]
ついに言われてしまった、「ここってストーンズ無いよね」。 そう、僕はストーンズをあまり聴いていない。まあそれなりには聴いてきたつもりですが、やはりロックを語っている割にはストーンズの記事が少ないというのは、ごもっともな指摘であります。 だってさ〜、あ....... [Read More]

Tracked on June 11, 2008 at 06:01 PM

» ザ・ローリングストーンズ『Let It Bleed』(2回目) [ROCK野郎のロックなブログ]
The Rolling Stonesのアルバム『Let It Bleed(レット・イット・ブリード)』。1969年発表。 『ベガーズ・バンケット』に思いっきりハマった後は、やはりこのアルバムを聴かないわけにはいかないでしょう。一応当ブログ2回目の登場ですが、前回がレビューと呼べるような記...... [Read More]

Tracked on September 05, 2009 at 07:16 AM

« Pink Floyd の一人としてとソロアーチストとしてと 「In The Flesh」 part2 | Main | ブリティッシュ・トラッドとロックのはざま 「Every Picture Tells A Story」 »