« ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 | Main | 音のコラージュ 「The Seeds Of Love」 »

February 02, 2005

元祖 HEAVY METAL 「Physical Graffiti」

zep 先週、車で広島まで出張した帰り道、HDDプレーヤーでZEPをずっと流していた。
 その時はランダム再生だったのだが、どれも好きな曲ではあるがやはり時代によって少し違う気がした。そこで今日はアルバム単位で何枚か聞いたのだが、改めてその良さに惹かれたのが6枚目の「Physical Graffiti」(フィジカルグラフィティ)である。

 このアルバムを聞いたのは中学生のとき。考えてみれば始めて手にしたZEPのアルバムである。正確には友人から少し安く譲り受けたのだが、ラッピングされた全くの新品だった。その友人はなぜ新品を安く売ってくれたのか…深く追求はしなかったのだが…私が洋楽好きだったのは知っていたはずだから、私に声がかかったのだろう。(ここでは詮索は止めておく)

 そのころZEPで知っていたのは「天国への階段」や「ロックンロール」位だった。そんな若者がこのアルバムを聞いたとき、ひどく退屈に感じたのは仕方ないかもしれない。2枚組の大半はミドルテンポの曲で、唯一アップテンポのD面1曲目「Night Flight」とギターリフがかっこいいC面1曲目の「In The Light」くらいしか印象に残っていなかった。その後、「Ⅱ」「Ⅲ」や「4シンボル」を聞いたらほとんどこのアルバムに手を伸ばすことは無かった。
 その後、CDでZEPの全アルバムを買った大学時代になって、ブルースが好きになっていた私は「In My Time Of Dying」「Ten Years Gone」なども気に入りだした。
 しかし、今回ヘッドフォンを使って聞いてみたら今まで見向かなかった曲たちが気になりだした。それはドラムの音の深さ。ZEPがヘビメタの元祖だとはよく言われるのだが、ギターのJimmyのリフを指して言われることが多いように思う。しかし、ヘビィさをもたらしているのはBonzoのドラミング。それもアップビートの曲よりミドルテンポの曲で、あまり多くない手数なのに奥行きがある重たいドラミングが、音が大きいだけのヘビメタには無い深さをもたらしているのではないだろうか。
 「Custard Pie」から「Kashmir」へいたる、1枚目(A/B面)の6曲がやたらと好きになっている。
 5枚目までは勢いや迫力でヘビィさを出していた曲はいくつかあるが、匠の域に入ったのはこのアルバムから。

 このアルバムはジャケットも面白い。アパートのイラストの窓が切り抜いてあり、内ジャケットのイラストが窓から覗くようになっているのだ。私はLPと紙ジャケCDだからどちらもこういう遊び仕様だが、プラケースに入っているものはどうなってるんだろう。こういう昔のアルバムを見ていると、30cmの大きさで遊び心満載だったLP時代が懐かしい。

(定番度 60%)

Physical Graffiti - LedZeppelin LP/CD/MP3

|

« ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 | Main | 音のコラージュ 「The Seeds Of Love」 »

Comments

I have been browsing online more than 4 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It's pretty worth enough for me. Personally, if all web owners and bloggers made good content as you did, the net will be a lot more useful than ever before.

Posted by: Optionsxo address | June 14, 2016 at 03:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/2776366

Listed below are links to weblogs that reference 元祖 HEAVY METAL 「Physical Graffiti」:

» レッドツェッペリン『Physical Graffiti』 [ROCK野郎のロックなブログ]
Led Zeppelinの6thアルバム『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』。1975年発表。 ロック最上級。このアルバムは、ロックの中にこれ以上のものはないと言わんばかりの充実した内容です。 例えば、『II』や『IV』を聴いても、いまいちピンと来なかった人、ツ....... [Read More]

Tracked on July 24, 2009 at 01:03 PM

« ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 | Main | 音のコラージュ 「The Seeds Of Love」 »