« BEATLES後期のはじまり…「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」 | Main | ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 »

December 26, 2004

The End Of BEATLES 「Abbey Road」

abbyroadアルバムの発売順としては「LET IT BE」がラストアルバムと言う扱いになるが、これは映画のサントラとしての発売も考えられていたため製作から発売まで紆余曲折があって遅れたようだ。その間に(一部は映画「LET IT BE」の撮影中に)録音された、BEATLESが最後に録音したのがこの「Abbey Road」ということになる。

もう4人の心は離れてバラバラの状態の作品、と評する人もいるが、私はその製作現場がどうあれ、今私の耳に届いている音を大事にしたいと思っている。だからこれも立派なBEATLESのアルバムだ。

A面は4人それぞれの個性が出た曲が並んでおり、Georgeの「something」がその中で光っている。曲もいいのだが、Paulのベースがとてもいい。後期BEATLESのベースはただルート音や和音をなぞる基本プレイではない、すばらしいベースラインだ。自分で唄う曲よりも他のメンバーの曲で特に目立つ。歌で目立てない分少しでもベースプレイで目立とうとしたのだろう(笑)
そしてA面はJohnのディープなナンバー「I Want You (She's So Heavy)」で終わる。

B面にうつって、またもやGeorgeの傑作「Here Comes The Sun」から始まる。この曲のアコギは一生懸命コピーしたものだ。そして、BEATLESコーラスワークの集大成的な「Because」へと移り、後半のメドレーへと続く。
BEATLESで一番好きなアルバムはと聞かれれば「Sgt. Pepper's」だし、好きな曲はと問われれば「Dear Prudence」を筆頭にJohnの曲をあげるのだが、「一番好きなのは」と聞かれれば迷わずこのPaul主体のメドレーをあげる。特に「She Came In Through The Bathroom Window」から「The End」にかけてのPaulの曲はBEATLESの最後を飾るにふさわしいアレンジの妙を味わえる。1曲1曲がシングルになる曲ではないが、トータルで聞くとそのすばらしさが伝わると思う。もうひとつ、この「The End」のRingoのドラミングはハードロックのドラマーたちとはまた違った迫力がある。音数(手数)は少ないのだが、的確に幅のあるドラミングをしている。やはりこの人はドラムが上手い。

余談だが、Johnの「imagin」というドキュメンタリー映画を見たときに、突然Johnの自宅に押しかけた若者が「あなたは僕に”重荷を負え”と言うメッセージを残した。だから僕は頑張って、そしてこうしてここに来た」と言う場面がある。このメドレーの「The End」の前の曲が「Carry That Weight」と言う曲で「ボーイ、君はこの重荷を背負うんだ、ずっと負って行くんだ」と言うメッセージなんだが、これはPaulの書いた曲。BEATLESのPaulとJohnの曲はどちらも「Lennon-McCartney」名義なので仕方ないのだが…。で、そのときJohnは「あれはPaulの曲だ。僕のメッセージじゃない、さあ帰ってくれ」と追い返すが、その若者は立ち去ろうとしない。次の場面では、一緒に食事をしていた。
そう、私も「Carry That Weight」は最初に聞いたときから好きな曲だ。

今まで書いてなかったが、BEATLESのLP(日本盤)には必ずライナーノーツが入っていて、各曲の解説・歌詞・対訳が載っていた。洋楽はBEATLESから入ったし、最初はBEATLESばかり買っていたからそれが当たり前だと思ってた。今にして思えば、そうやって必死に歌詞と訳を見ていたから少し英語のヒアリングと理解力が鍛えられたんだと思う。実際、彼らのラブソングの歌詞は綺麗だしね。

(定番度 100%)

Abbey Road - BEATLES LP/CD/MP3

|

« BEATLES後期のはじまり…「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」 | Main | ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 »

Comments

Definitely believe that which you stated. Your favorite justification seemed to be on the net the simplest thing to be aware of. I say to you, I definitely get annoyed while people consider worries that they plainly do not know about. You managed to hit the nail upon the top as well as defined out the whole thing without having side-effects , people can take a signal. Will probably be back to get more. Thanks

Posted by: microsoft office free download | October 24, 2015 at 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65010/2384666

Listed below are links to weblogs that reference The End Of BEATLES 「Abbey Road」:

» ザ・ビートルズ『Abbey Road』(2回目) [ROCK野郎のロックなブログ]
The Beatles 『Abbey Road(アビイ・ロード)』。1969年発表。 以前ボロクソに書いたアビイロードを、しょうこりも無くまた聴いております。ビートルズでは、実はこのアルバムを再生する回数がいちばん多いのです。 アナログ時代のA面にはあいかわらず、あっても無くて...... [Read More]

Tracked on June 18, 2008 at 12:35 PM

« BEATLES後期のはじまり…「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」 | Main | ノイズが心地いい…MOGWAIから「Rock Action」 »